ニュース
2005/01/12 23:13 更新


「マインドストーム」を活用した“自律型ロボットプログラム教材”

レゴジャパンは、「教育用レゴ マインドストーム」(LEGO MINDSTORMS FOR SCHOOLS)を利用する自律型ロボットのプログラム教材「REALシリーズ」を発表した。1月13日に販売を開始する。

 レゴジャパンは1月12日、「教育用レゴ マインドストーム」(LEGO MINDSTORMS FOR SCHOOLS)を利用する自律型ロボットのプログラム教材「REALシリーズ」を発表した。永和システムマネジメントと共同開発したもので、1月13日から高校、大学、専門学校向けに販売を開始する。

 国内初の複数プログラミング言語によって体系化された、自律型ロボットプログラム教材。アイコンをクリック&ドラッグするだけで、簡単にプログラミングできる「ROBOLAB」を使った入門編から、Java、Visual Basic、C言語といった専門的なプログラミング言語による制御まで、体系立てて学べるように教材化した。自律型ロボットキット「教育用レゴ マインドストーム」を使用しているため、センサー入力計測結果から、プログラムによるロボット動作の制御が可能だ。

 製品には、「教育用レゴ マインドストーム」のほか、「ROBOLAB」、ロボット走行用コース付きの授業用指導教材キット、生徒用のテクニカルガイド、指導教材キットなどがある。価格は下記の通り。

製品価格
「教育用レゴ マインドストーム」A.チームチャレンジセット:3万240円
B.ロボテクノロジーセット:2万4990円※1
ROBOLAB(ロボラボ)1万8480円
授業用指導教材キット4200円(先行発売価格※2)
生徒用テクニカルガイド(CD-ROMなし)525円(先行発売価格※2)
※1:いずれか。A.B.は搭載部品数の違い
※2:2005年2月28日までの購入申し込みぶん

 なお、レゴジャパンによると、「リアルシリーズ」は既に関東、北陸、関西の高校と大学(6校)で試験的導入されており、今後3年間で300校以上の採用を見込んでいるという。

[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping