ニュース
2005/02/02 17:00 更新


「平成16年度文化庁メディア芸術祭」2月25日〜3月6日まで開催


 今年で8回目を迎える「文化庁メディア芸術祭」が、今年も2月25日から3月6日まで、恵比寿ガーデンプレイス内の東京都写真美術館にて開催される。

 「文化庁メディア芸術祭」は、文化庁メディア芸術祭実行委員会(文化庁、CG-ARTS協会)の主催で、毎年世界中から寄せられたアート、エンターテインメント、アニメーション、マンガなどから特に優れたものに賞を与え、それらの受賞作を含めた優れた作品を展示、上映するほか、さまざまなイベントを同時開催する芸術の祭典である。

 今年は「受賞作品展」や「受賞者シンポジウム」に加え、「学生CGコンテスト受賞作品展」「アニメの元祖錦影絵特別公演」「韓国文化コンテンツ秀作展」など、最先端と伝統、日本と世界をつなぐさまざまなイベントも予定されている。世界43カ国から寄せられた1498作品の中から、優秀作品約170点を展示・上映する。

 作品を見てみると、アニメーション部門に「マインド・ゲーム」や「ハウルの動く城」などの劇場公開アニメーションをはじめ、エンターテインメント部門でゲームボーイアドバンス用ソフト「まわるメイドインワリオ」が大賞に輝いたほか、優秀賞にニンテンドーDS内蔵機能「ピクトチャット」、カプコンのプレイステーション2用ソフト「鬼武者3」オープニング シネマティクス映像などが受賞。「文化庁メディア芸術祭」にも出展される。芸術祭前日には、贈呈式・授賞祝賀会も予定。

 また、3月5日13時〜14時30分には、文化庁メディア芸術祭エンターテインメント部門審査員の石原恒和氏(ポケモン代表取締役)を司会にして、「まわるメイドインワリオ」開発チーム代表の阿部悟郎氏や、「鬼武者3」のオープニングムービーを担当したROBOTの倉澤幹隆氏などがゲスト出演し、エンターテイメント部門の受賞者シンポジウムも行われる予定だ。

 入場料は無料だが、同時開催イベントの一部は有料。

[ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping