ニュース
2005/02/04 21:05 更新


塊魂2部門制覇、マリパ6連覇ならず、Interactive Achievement Awards決定!!

ゲームのアカデミー賞とも言うべき第8回Interactive Achievement Awardsが決定、今年のGame of the Yearは「ハーフライフ2」に。

 ラスベガスで行われているD.I.C.E.サミットの中で「Interactive Achievement Awards」の授賞式が行われた。このサミットおよび賞は米ゲーム業界の有力者で構成されているAcademy of Interactive Arts & Sciencesが主催するもので、この賞はゲームのアカデミー賞と考えてもらっていいだろう。

 日本からは「塊魂」(ナムコ)がGame of The Yearを含む5部門にノミネートされており、入賞に期待がかかっていた。

 Game of The Yearは総合・PCゲーム部門が「ハーフライフ2」(VU Games/Valve・国内発売元:サイバーフロント)が獲得した。同作品は全部で9部門で受賞し、横綱ぶりを見せ付ける結果となった。続いて「HALO 2」(マイクロソフト/Bungie)がコンシューマ部門のGame of The Yearを含む4部門を獲得した。

 国産ゲームでは、「塊魂」がGame of the Yearは逃したものの、「Outstanding Innovation in Console Gaming」(革新的なコンシューマゲーム賞)と「Outstanding Achievement in Game Design」(ゲームデザイン部門賞)を獲得した。

 大きな番狂わせとしては、「Children's Title of the Year」(子供向けタイトル賞・コンシューマ部門)にノミネートされていた「マリオパーティ6」(任天堂/ハドソン)が落選。マリオパーティ3から続く4年連続受賞はならなかった。その代わりに受賞したのは「怪盗スライクーパー2」(SCEA/Sucker Punch)となった。日本で発売されている受賞タイトルは以下の通りとなる。

wk_IAAkatamari.jpg

王様のこと世界も認めてくれた。でも王様ならきっと「あぁあ、Game of The Year欲しかったな」とか言うに違いない。この世界観をわかってくれて王子も誇らしげ?

ハーフライフ2(VU Games/Valve・国内発売元:サイバーフロント)
Game of the Year(総合ゲーム・オブ・ザ・イヤー)
Computer Game of the Year(PCゲーム・オブ・ザ・イヤー)
Outstanding Achievement in Art Direction(美術部門賞)
Outstanding Achievement in Animation(アニメーション部門賞)
Outstanding Character Performance - Male(キャラクターパフォーマンス部門賞・男性)
Outstanding Achievement in Game Play Engineering(ゲームプレイ技術賞)
Outstanding Achievement in Visual Engineering(映像技術賞)
Outstanding Innovation in Computer Gaming(革新的PCゲーム賞)
First Person Action Game of the Year(ファーストパーソンゲーム賞・PCゲーム部門)

HALO 2(マイクロソフト/Bungie)
Console Game of the Year(コンシューマゲーム・オブ・ザ・イヤー)
Outstanding Achievement in Sound Design(音響デザイン賞)
Outstanding Achievement in Online Game Play(オンラインゲーム賞)
First Person Action Game of the Year(ファーストパーソンゲーム賞・コンシューマ部門)

Fable(マイクロソフト/Big Blue Game)
Outstanding Achievement in Original Musical Composition(オリジナル楽曲賞)
Outstanding Achievement in Character or Story Development(キャラクター・脚本賞)

塊魂(ナムコ)
Outstanding Innovation in Console Gaming(革新的なコンシューマゲーム賞)
Outstanding Achievement in Game Design(ゲームデザイン部門賞)

ゴールデンアイ・ダークエージェント(EA/EALA)
Outstanding Character Performance - Female(キャラクターパフォーマンス部門賞・女性)

怪盗スライクーパー2(SCEA/Sucker Punch)
Children's Title of the Year(子供向けタイトル賞・コンシューマ部門)

ドンキーコンガ(任天堂/ナムコ)
Family Game of the Year(家族向けタイトル賞・コンシューマ部門)

バーンアウト3:テイクダウン(EA/Criterion Games)
Racing Game of the Year(レースゲーム賞・コンシューマ部門)

ペーパーマリオRPG(任天堂/インテリジェントシステムズ)
Role Playing Game of the Year(ロールプレイングゲーム賞・コンシューマ部門)

スーパーマリオ64DS(任天堂)
Wireless Game of the Year(ワイヤレスゲーム賞)

メトロイドゼロミッション(任天堂)
Handheld Game of the Year(携帯ゲーム賞)

トム・クランシー スプリンター・セル パンドラ・トゥモロー(ユービーアイソフト/Ubi Shanghai&Paris)
Action/Adventure Game of the Year(アクションアドベンチャーゲーム賞・PCゲーム部門)

ズータイクーン2(マイクロソフト/Blue Fang Games)
Family Game of the Year(家族向けゲーム賞・PCゲーム部門)

ザ・シムズ2(EA/EA Maxis)
Simulation Game of the Year(シミュレーションゲーム賞・PCゲーム部門)

ローマ:トータルウォー(Activision/Creative Assembly・国内発売元:コーエー)
Strategy Game of the Year(ストラテジーゲーム賞・PCゲーム部門)

[岩井省吾,ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping