ニュース
2005/02/16 13:34 更新


異色、そして豪華なキャスティングに彩られた「ドラッグオンドラグーン2」

 前作では主人公とその相棒レッドドラゴンを、ピーターこと池畑慎之介氏がダブルネームで演じるなどで話題を集めていた。続編である「ドラッグオンドラグーン2」も、もちろん豪華なキャスティングだ。注目のあのキャラクターの声は一体誰が……。

 スクウェア・エニックスから、2005年春に発売が予定されているプレイステーション2「ドラッグオンドラグーン2」の豪華なキャスティングが発表された。

 前作は、ピーターこと池畑慎之介氏が、主人公「カイム」とその相棒「レッドドラゴン・アンヘル」の2役をダブルネームで、また、唐沢寿明氏が主人公の親友である「イウヴァルト」を演じ、ゲームという概念を超えた戯曲的な演出で大きな話題を得ていたタイトル。

 では、注目の「ドラッグオンドラグーン2」のキャスティングについて紹介しよう。まず、前作において世界崩壊の危機を引き起こした張本人「マナ」を、ハリウッド進出も果たした小雪さんが演じている。

photo

小雪さん収録後のコメント「声だけの演技というのは初めての経験でしたが、楽しい仕事でした。マナという女性は、重い過去を背負って戦う女性。儚そうでいて、強い意志を持っていて…彼女の中には自分と重なる部分と未知の部分が両方あって、演じていて不思議な気分でした。一行、一言の台詞が映像の中でどう融合するのか楽しみにしてます。」

 また、封印騎士団に属する青年で本編の主人公「ノウェ」は、デビュー5年目の新進俳優である勝池涼氏が務めることとなった。

photo

勝池氏収録後のコメント「今回、初めて声の仕事をさせていただいて大変勉強になりました。スタッフの皆さんが持っているノウェのイメージを壊さないかと心配でしたが、『勝地君の素の演技がそのままノウェになる』と言っていただけたので、自然に役に入れたと思います。ファンタジー映画のような非現実の世界観でのセリフ回しは、楽しみながら挑戦させて頂きました。よろしくお願いします。」

 次に、主人公ノウェの幼なじみであり、封印守護に殉ずる女騎士エレナを演じるのが、CM、ドラマで大ブレイク中の相武紗季さん。

photo

相武さん収録後のコメント「アテレコは初めてで戸惑う事も多かったのですが、収録現場ではスタッフの皆さんがいろいろ盛り上げて下さったので、とても楽しく演技ができました。いままで演じた事のない、貴族の娘エリスという役は、自分の新しい可能性を引き出してくれたような気がします。彼女は私にとっても大切な存在になりました!」

 最後に、ドラゴンであり、ノウェを育ててきた保護者でもあるレグナは、歴戦の骨太俳優である原田芳雄氏が演じることとなった。

photo

原田氏収録後のコメント「初体験、初対面の連続でただただ疲れました。ゲームという物は普段の生活でほとんどやりませんが、映画やTVとはまた違った映像作品としての領域に達しているのかもしれない。レグナというドラゴンを演じましたが、あまり『人間ではない生き物』というのは意識せずに、ノウェの父親、人生の先輩として『吠え』させてもらいました。お疲れ様です。」

 また、前作のレッドドラゴン、カイムの2役で好評を博したピーターこと、池畑慎之介氏も続けて出演しているとのこと。こちらは前作と同じ役で登場するかが、気になるが……。今後もさらなるサプライズを用意しているという「ドラッグオンドラグーン2」から、しばらく目が離せないことは間違いなさそうだ。

(C) cavia/SQUARE ENIX All Rights Reserved.


[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping