ニュース
2005/03/08 20:55 更新


Windows版「PSO BB EPIV」に新マップ第3弾「地下砂漠クエスト」が登場


 セガは、現在運営中の「PSO BB EPIV」において、3月10日のサーバーメンテナンス終了後から、新マップ第3弾として「地下砂漠クエスト」を追加配信すると発表した。

 追加されるのは、9‐5「選ばれし者(前編)」と9‐6「選ばれし者(後編)」となっている。タイトルからも分かる通り、2つ合わせることで完結ストーリーとのこと。

 まず「選ばれし者(前編)」だが、レオに連れて行かれてしまったルピカを総督府に連れ戻す、というのが依頼となる。なお、ルピカが連れ去られた原因は、MOTHER計画と呼ばれるものに関係しているとのこと。

 連れ去った場所は、隕石によって、クレーター内部の中心にできた巨大な洞穴の地下奥深く。また、どうやらハンターズよりも先に地下へと向かった組織がいるようで、一筋縄ではいかない展開となることが予想されるクエストとなっている。

photo

photo

 そして「選ばれし者(後編)」は、クレーターの地下に広がっていた広大な砂漠から始まる。そこは、今までのエネミーよりもさらに凶悪なエネミーが徘徊し、軍部の殲滅作戦も悲惨な結果に終わっているとの情報が流れている場所でもあるとのこと。

 モンタギューをはじめとした登場人物たちが、クレーター地下に集合し、ストーリーは結末へと向かい始める。その真相はぜひ自分の目で確かめてほしい。

photo

photo

 また、新マップの追加配信とは別に、3月15日の定期メンテナンス後のバージョンから、レアアイテムドロップ率調整の第1弾が行われることが合わせて発表されている。

 こちらは、エピソード1・森エリアの特定エネミーから出現するいくつかのレアアイテムについて新たなドロップ率が適用されるとのこと。

 なお、これまでは該当エネミーを倒した場合であっても、該当アイテムの出現率が非常に低確率で、入手が非常に困難となっていたが、今回の調整により該当エネミーを倒した場合の出現確率が若干上昇していることも明らかにされた。

 今回の、そして今後の調整は、あくまでプレイヤーすべてに適切な入手確率を提供するという方針に基づくものであって、個別アイテムのエネミーからの出現確率を劇的に変更する予定はないとのこと。

[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping