ニュース
2005/03/15 00:00 更新


「エレメンタル ジェレイド」アフレコ現場に突撃

PS2、GBA、そして携帯ゲームとして発売される同名作品のアニメ「エレメンタル ジェレイド」のアフレコ現場にお邪魔してみました。
wk_0315erementar01.jpg

 人間の形をした武器という設定で、コミック既刊7巻で150万部という人気の、東まゆみ原作「エレメンタル ジェレイド」が、4月5日18時より、毎週火曜日テレビ東京系6局ネットにてテレビアニメ化される。

 今回、そのアフレコ現場にお邪魔して声優の皆様にインタビューを敢行。収録現場には空賊の主人公クーを演じる石田彰氏と、エディルレイドのレンを演じる高橋美佳子さんのほか、アークエイル所属のシスカ役水樹奈々さん、ローウェン役のうえだゆうじ氏、キーア役の鈴木菜穂子さんがそろい踏み。第12話の収録終了後にお時間をいただきインタビューをした。

wk_0315erementar02.jpg

前列左からクー役の石田彰氏、うえだしげる監督、レン役の高橋美佳子さん。後列左からキーア役の鈴木菜穂子さん、シスカ役の水樹奈々さん、ローウェン役のうえだゆうじ氏

 「エレメンタル ジェレイド」は漫画から始まり、今回のアニメ化、そして既報のとおりプレイステーション2、ゲームボーイアドバンスとゲーム化が進行中。まさにマルチメディア展開されている期待の作品。


 主人公は空賊団「紅山猫」(レッドリンクス)の下っ端少年クード・ヴァン・ジルエット(通称クー)。ある日、クーは飛行艇の宝物庫でホコリをかぶった古びた箱を手にする。中から現れたのは封印された女の子レヴェリー・メザーランス(通称レン)。物静かな彼女は、自らが認めた契約者「エディルレイドプレジャー」とリアクト(同契)することで、武器をもたらす「エディルレイド」と呼ばれる種族だった。

 そこへレンを保護すべく現れたのが、エディルレイド完全保護協会「アークエイル」のシスカ、ローウェン、自らもエディルレイドのキーアの3人。いつしか彼らも加わって、伝説の地“エディルガーデン”へとクーは旅立つのだった……。

wk_0315erementar03.jpg

wk_0315erementar04.jpg

 アフレコ取材当日は実に20社を超える取材陣がアフレコ現場に押し寄せた。それだけ期待の高い作品だといえる。せっかくアフレコ現場にお邪魔したのだからとクーやレン、シスカ、ローウェン、キーアにコメントをいただいた。

キャラクターについてとアフレコした感想

石田 クーの成長が見て取れ、各話のゲストによって多岐に渡る展開が毎回楽しみです。

高橋 とにかくネムネムな感じのキャラです。物静かな役なのでどう表現するかが難しい。少ないセリフの中でレンを出していくのが大変で緊張してます。周りが騒がしいキャラなので(笑)、セリフの少ない私といいバランスが取れてて面白くなっていると思います。

水樹 弾けててマイペースで表情豊かなキャラなので、演じていて楽しいです。レンとは対照的にもの凄くよくしゃべってます(笑)。何も知らないクーと物静かなレンに代わって説明役を引き受けており、重要ですよ私。ただ、勢いだけにならないよう心がけています。収録では難しい言葉が多くて、「エディルレイド」をちゃんと言えるか緊張してます。よくできると鈴木さんによくできたよと褒めてくれたりして。

鈴木 お腹がよく空く面白いキャラです。けっこう話数を重ねており、いいチームワークだと思います。出番の半分は食べ物を持ちながら食べながらなので大変です。

うえだ 3人組のひとりです。毎回任務に失敗してはボスにお仕置きを受ける内容です(笑)。嘘です。冷静にフォローする役どころなので、縁の下の力持ち的立場で頑張ってます。人の入れ替わりが激しいテンポのいい作品です。清々しい作品になってます。

キャラクターとの共通点、正反対な点は?

石田 共通点は見出せないのですが、正反対なところは行動的で、後先考えないところ。落とし穴があることを考えずに走り出せるところはかっこいいところでもありますね。共通点は……

高橋 違うところは全部ですね。180度違うので演じていて楽しいところです。共通点は寝起きが悪いところですかね。あと、役になりきるために髪を伸ばしてます!

水樹 共通点は思い込んだら一直線なところが。他人の意見も曲げずに頑固なところは似てますね。違うところは、お金に対する執着はシスカほどないですね。

鈴木 自分にかなり近いキャラです。まるで自分の分身です。ですからオンエア見たら、これが鈴木だと思ってください。食いしん坊ですし。

うえだ わりと声が似ているといわれてます(笑)。似ているところも似てないところもないですね。すべて演技ですから。

1話を見ての感想は?

石田 想像していたよりも美しい仕上がりになってます。これでもかってくらい動いていて、個人的な感想ですが、クーの声が動きに負けてないかと奮起した出来になってます。

高橋 色鮮やかでよく動いていて、冒険が始まるワクワク感に溢れた作品になってます。私は漫画を先に読んでいたんですが、全然負けていないものになってます。

水樹 動きがよくて感激しちゃいました。説明が多くなりがちな1話が、まるでそんなことはなく、すんなり物語を楽しめ世界観がよくわかる構成になってます。続けて2話も見たくなったほどです。毎週楽しみで早くお届けしたい気持ちでいっぱいです。

鈴木 アフレコの時点では絵がなかったので想像の域を出なかったのが、1話を見た途端。目の前の世界が広がった感じがしました。

うえだ 実はインフルエンザで倒れてまだ見てないんです……。どうなっているのかすごく大変

読者にメッセージ

うえだ 音楽の梶浦さんの曲も楽しみな作品となってます。ぜひご覧ください。

鈴木 どなたが見ても楽しめる作品です。ビデオを撮って2度3度、DVDを買って4度5度と何度でもお楽しみください。

水樹 3人組としてこの世界を盛り上げ、多くの人に見てもらえたらと思ってます。

高橋 気合を入れてスタッフ一丸となって取り組んでいる作品です。私個人的にはポツリポツリしかしゃべらない役は珍しいので、そこも注目してください。

石田 和やかに、でも真剣な現場でいいものを作ろうと取り組んでいますので、オンエアにはぜひ見逃さないでください。スケジュール帳に忘れずにチェックしておいてください。お友達にも広めてください。推薦できる出来になっておりますので。ぜひ。

うえだしげる監督からのメッセージ

「一生懸命頑張ります。キャストの皆様は当初から役をつかんでくれてて、感激したことを覚えています。現場も和気あいあいとしているので、このまま最後まで行きたいです。どなたが見ても楽しめる、見る人を選ばない作品になっているところがポイントだと思ってます」


 4月21日には梶浦由記によるサウンドトラックが税込3045円で発売。saveage geniusのオープニングテーマ「Forever…」は5月11日、税込1155円で、黒田倫弘によるエンディングテーマ「約束」も同じく5月11日、税込1155円で発売される。

 また、オリジナルプロモーション映像や製作現場潜入レポートなど、ファン必見の映像が満載の「EREMENTAR GERADE アニメ化記念DVD -序章-」が2月25日に発売されている。こちらも要チェックだ。

wk_0315erementar05.jpg

[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping