ニュース
2005/03/22 18:00 更新


50人のマビノギガールズ、秋葉の街をジャック

ネクソンジャパンのMMORPG「マビノギ」。3月16日からオープンβサービスを開始しているが、これに合わせて、マビノギの魅力を伝えるべく、なんと50人のコスプレーヤーが秋葉の街に繰り出した!

 「マビノギは」ネクソンジャパンが運営するMMORPG。オープンβテスト初日から、登録者数10万人突破という好調な滑り出しでスタートしている。

 3月20日に行われたイベントは「マビノギガールズの秋葉原ジャック」と銘打ち、50人の“マビノギガールズ”が登場し、秋葉原中央通り沿いでオリジナルグッズを配布するというもの。マビノギに登場するNPC“ナオ”と“サキュバス”のコスプレに身を包んだマビノギガールズが、クリアファイルなどのグッズを手渡していた。

画像

50人の集合写真。新キャラ作成時にユーザーを優しく導く“ナオ”(右)と、小悪魔ぽい羽と耳をつけた“サキュバス”(左)たち。シースルーの胸元や、深いスリットが似合っている。ちなみにゲーム内での“ナオ”の衣装と見比べても、かなりよく再現されている

画像

ETS3号店前でクリアファイルを配るマビノギガールズ。当日は曇天のため、露出の多いコスプレには寒かったよう。しきりに腕をさする“ナオ”の姿が、あちらこちらで見られた

 イベントは3月26日、27日にもそれぞれ午後1時と午後3時の2回にわたって予定されている。ただしグッズがなくなり次第終了する可能性もあるので、可愛らしいマビノギガールズの姿とオリジナルグッズを逃したくなければ早めに駆けつけよう。

画像

場所によってはわずか15分程度で配り終わってしまった、というクリアファイル。ゲットしたければ次回のチャンスを逃すな!

[麻生ちはや,ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping