ニュース
2005/03/25 13:28 更新


「RPGツクール XP」東京工科大学の授業用教材として採用


 エンターブレインは、同社が発売しているWindows用ゲームソフト「RPGツクール XP」が、東京工科大学メディア学部の2005年度授業用教材として採用されたと発表した。

 使用される科目は、3年次のカリキュラム「ゲームプロデューシング(コア演習)」。ゲームの構造や制作過程について学ぶ演習にて使用されるとのこと。

 なお、この件に関して東京工科大学片柳研究所のクリエイティブ・ラボ プロデューサーであり、メディア学部兼任講師である三上浩二氏は、「ゲームに限らずコンテンツ制作においては、実際に制作することにより学ぶことは非常に重要です。しかし、その制作が技術的になればなるほど専門的に特化し、全体像が見えなくなることも事実です。

 そのため、限られた授業時間の中で制作全体を体験するために、『RPGツクール XP』を利用した制作演習を行います。この体験を経て、全体を理解した上で個別の技術を追求する技術者や、制作全体への知識を深め、プロデューサー、ディレクターなどの人材を育成するための基盤としていきます。」とコメントを寄せている。

[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping