RBB Today 速報
2005/04/04 14:24 更新


BB Games、団体やサービスを超えた所属女流雀士の対戦イベントを実施


 ゲームポータル「BB Games」は、同サイトで提供されているオンライン麻雀ゲーム「ロン2」と「Maru-Jan2」を用いた美人女流雀士による対戦イベント「麻雀キャットファイト 牌々2本勝負でニャン3 〜BB Games 麻雀女王最強決定戦〜」を、4月1日と8日の2日間をかけ行う。

 また、今回のイベントと並行して、両麻雀タイトルへの新規ユーザー登録キャンペーンが行われている。このキャンペーンは、4月8日までに勝利タイトルに登録したユーザー全員に、ゲーム内で使えるポイントが通常よりも100ポイント余分にプレゼントされるというものだ。

 ルールは、それぞれに所属する雀士がホーム&アウェー方式で各日東南戦1回を戦うといった、かなり運にも左右されるものとなっている。なお、勝敗は順位によるポイント制で決めることになっており、両日の順位ポイントを足したもので最終順位が決まる。

 今回のイベントのように、所属団体やサービスの垣根を越え女流雀士が顔をまみえるというのは珍しいことで、両方のサービスを提供するBB Gamesならではのイベントといえるだろう。

 さて、初日となる1日はまず「Maru-Jan2」での対戦。ホームとなる「Maru-Jan2」側の雀士は、渡辺洋香プロと水月つばささん。水月さんは雀荘の店員をしながらMaru-Jan2のイベントに参加しているセミプロのような雀士だ。一方、アウェーとなる「ロン2」陣営は和泉由希子プロと宮内こずえプロのお二人。

 「まだMaru-Jan2に慣れていないので、先輩の胸を借りるつもりで」との和泉プロのコメントに、「操作ミスをしないように気をつけたい(笑)」と渡辺プロが返す、和気あいあいといった雰囲気の中で対戦は始まった。

 今回Maru-Jan2のルールは、赤牌ありということでややインフレルールではあるが、そこはさすがプロといった打ち回しで、誰かが飛んでしまって終了、といった荒れた展開にはならず半荘が終わった。

 結果は、1位がアウェーでの勝利となる和泉プロ、次いでホーム側の水月さん、渡辺プロ、そしてアウェー側の宮内プロという順位となった。なお、この対戦データは2日にイベント公式ページに公開されるので、気になる人はダウンロードして見て欲しい。なお、対戦データを見るためには、Maru-Jan2にユーザー登録してある必要がある。

 対戦が終わった後、アウェイとなるMaru-Jan2についての感想を和泉、宮内両プロに伺ったところ、「麻雀牌や点棒の動きにリアル感があって良かった」(和泉プロ)、「さいころを振れるのがいい。さいころ好きなんです(笑)」とのコメントが頂けた。

 また、来週はアウェイとなる「ロン2」で戦うことになる渡辺プロと水月さんは「作戦を練ってがんばる。練習して慣れておくようにする」とのコメントを残してくれた。ロン2でプレイしている人は、来週は知らない内にこの二人と打っていた、なんてことがあるかもしれない。

 なお、8日のロン2側雀士は今回のお2人から、二階堂瑠美プロ、二階堂亜樹プロの姉妹コンビにバトンタッチされる予定となっている。また、ロン2では観戦システムにより、インターネット上にて対戦当日リアルタイムで4人の闘牌を観戦可能だ。

[記事提供:RBB TODAY]


-PR-Game Shopping