ニュース
2005/04/04 16:59 更新


さまざまなメディアで展開する「コード・エイジ プロジェクト」公式サイトがオープン――スクウェア・エニックス

スクウェア・エニックスの新しい試み「コード・エイジ プロジェクト」、その公式サイトがオープンした。現在、展開することが明らかになっているコミックとゲームを中心に、その中身に迫る。

 スクウェア・エニックスは、現在さまざまなメディアで展開している、同社のニューコンセプトブランド「コード・エイジ プロジェクト」の公式サイトがオープンしたことを明らかにした。

photo

 本サイトは、「コード・エイジ」という新しい世界を中心に展開する、さまざまなコンテンツの総合サイトとなっており、総合サイトのトップからは本プロジェクトの紹介ムービーを見ることができる。

 また、月刊少年ガンガンでは、すでに3月号から「コード・エイジ アーカイヴズ」が連載開始となっており、2005年にはプレイステーション2用ソフトとして「コード・エイジ コマンダーズ」の発売が予定されている。

 下記には、現在開発中の最新スクリーンショットを公開したので、「コード・エイジ」の世界に少しでも触れ、続報を楽しみに待っていてもらえればと思う。

photo

公開された戦闘画面その1。人ではなく、異形の生物を相手にしているキャラクターが見える。彼は、そして相手は何者なのか?


photo

公開された戦闘画面その2。先ほどのキャラクターが、今度は人を相手に必殺技のようなものを繰り出している。彼が主人公キャラクターということだろうか


photo


CODE AGE COMMANDERS 〜継ぐ者 継がれる者〜
対応機種PlayStation 2
メーカースクウェア・エニックス
ジャンルバトルアクションRPG
発売日2005年予定
価格未定


photo


CODE AGE ARCHIVES 〜最後におちてきた少女〜
商品コミック
製作WARHEAD
構成AIYAH‐BALL
出版スクウェア・エニックス

コード・エイジの世界とは?

 ――閉じているが故に“球内世界”と呼ばれるその世界。ある時、人類は、世界の中心に浮かぶ万物の礎“セントラルコード”が 地上を巻き込んで転生する“輪廻(リ・ボーン)”という現象を数万年ごとに起こすことを知ることとなる。

 人類はその“災害”を回避するため、巨大な“方舟”を建造し、そこで眠りについた。目覚めた時、新たな世界が自分たちを迎えてくれることを信じて。

 しかし、世界の秩序はそれを許してはくれなかった。「世界の終焉を生き残る」という、たった一つの命題に対してさえ、人の思惑は争いを生む。 世界が緩やかに死を迎えていく中、人々は鮮やかに死の華を散らしていった。そんな世界を駆け抜けた者たちの物語――

photo

一見すると美しい景色だが、建造物はところどころ傷んでいるように見える。世界は終焉に向かっているのか?


photo

眠りについている少女。方舟で眠りについたという人々のひとりなのか。漂着したようにも見えるが……


(C) 2005 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved./ WARHEAD
(C) 2005 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
ART CONCEPT: YUSUKE NAORA / CHARACTER DESIGN: TOSHIYUKI ITAHANA


[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping