ニュース
2005/04/07 21:54 更新


新マップ「ポプリダンジョン」と新NPC「ポプリ」、そして新モンスターを追加――「トリックスター」


 ジークレストは、同社が運営している無料で遊べるMMORPG「トリックスター」において、2005年4月7日より新マップ「ポプリダンジョン」の追加を行ったことを明らかにした。

 本マップは、新NPC「ポプリ」がメガロポリスフォレストにある大木をくりぬいて作ったトンネル。住処を作るために長年掘り進めた結果、幹から根、果てはメガロポリスフォレストの地下まで迷路のように広がってしまったとのこと。

photo

photo

追加マップ
@ポプリダンジョン入口
Aポプリダンジョン1‐水の洞窟
Bポプリダンジョン2‐虹の洞窟
Cポプリダンジョン3‐苔の洞窟
Dポプリダンジョン4‐胞子の洞窟
Eポプリダンジョン5‐根っこの洞窟

 なお、新ダンジョンの追加に伴い、ダンジョンを作った張本人であるNPC「ポプリ」や新モンスターが追加されている。詳しくは以下を参照。

ポプリ

photo

地面を掘ることが得意で、眠ることが趣味。冬眠期間が長いことでよく知られている。ダンジョンを作った張本人で、普段はよく眠り少々怠け者だが、一度決心すると眠る時間を忘れてトンネルを掘り進めるようなエネルギーも持っている。性格は穏やかで、誰が自分の居場所に入って来てもあまり気にしない。

コケビー

photo

洞窟にある苔や黄色いキノコを寝床にしている小さなモンスター。性格はとても温厚で、動きは鈍い生物。いつも夢遊病のような状態で移動しながらも時々立ち止まって寝ている。

トビ

photo

地面に止まっていても天井から逆さにぶら下がっているに見える、逆さま姿の吸血コウモリ。逆さのまま飛び回ることから、「逆さコウモリ」とも呼ばれている。身体はワイン色に近く、人が通るとすかさず飛びかかり、顔にピッタリとくっついて血を吸って攻撃する。

ポンポン

photo

植物の胞子の姿をしたモンスター。タンポポの綿帽子のようにサラサラとした白い毛を持っている。攻撃時には、大きく息を吸って体をボールのようにふくらましてから、勢いよく小さな弾丸を吐き出して、敵にダメージを与える。

スクワーム

photo

青虫の姿をした、堅い外甲を持っているモンスター。このモンスターは目の前にあるものを次から次へと見境無く食べては排泄していく。プレイヤーには何でも簡単に食べられる鋭い牙で攻撃する。

シムバタ

photo

人間の形をした、緑色の植物のモンスター。身体にはいつもマントをかけていて、頭からは植物のものと思われる幹と葉っぱが長く育っている。一度攻撃態勢に入ると、その幹と葉っぱを振り回して攻撃する。

モスモス

photo

身体に白い苔(moss)が生えている蛾(moth)のように見えることから「モスモス」と呼ばれているモンスター。攻撃時には触角を鞭のように振り回して攻撃する。

クム

photo

艶やな真黒い毛を持つ熊。普段はやさしい顔をしているが、戦闘に突入すると途端に変貌して邪悪で凄まじい顔になる。長くて毛むくじゃらな毛の中に鋭い爪を隠していて、戦闘時はその爪を現わして引っ掻き、手に持っているランタンを振り回して攻撃する。

(C) 2004 GCREST Co., Ltd. All Rights Reserved.
(C)Copyright 2004 NtreevSoft Co., Ltd. All Rights Reserved.
Ntreev and Trickster are registered Trademarks.


[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping