速報
2005/04/11 14:40 更新


ゲーム購入は価格より内容重視

C-NEWSによると、8割以上の人が、ゲームソフト購入時に重視するのは価格よりも内容と答えていることがわかった。また、旧タイトルを安い価格設定で販売する「廉価版ソフト」の認知度は6割弱ながら、実際に購入している人は少ないようだ。

 インフォプラントが運営するインターネットリサーチサイト「C-NEWS」は4月11日、ゲームソフトに関するアンケート調査の結果を発表した。調査対象は、家庭用ゲーム機を所有している10〜59歳のインターネットユーザー1000人。特に低価格ソフトの利用動向をたずねた。

 ソフト購入時、ゲームの内容と価格のどちらを重視するかという質問に対しては、82.7%が「内容」と回答した。多くの人は安ければそれでゲームを買うというわけではないことがうかがえる。

 すでに発売されているタイトルと基本的に同じ内容のソフトが、期間を置いてオリジナルよりも安い価格で販売されるものを「廉価版ソフト」と定義した上で、廉価版ソフトの存在を知っているかたずねたところ、6割弱が認知していた。年代別で見ると、10代〜30代ではいずれも6割台が認知していた一方、40歳以上で知っているのは4割強だった。

 廉価版10タイトルを挙げ、購入動向をたずねたが、もっとも回答が多かったタイトルでもその割合は4%と、数は伸びなかった。

 このほか、最近1年以内にコンビニエンスストアでゲームソフトを購入した経験があるかをたずねたところ、「ある」と答えたのはわずか1割強だった。購入経験がない人の理由では、「新品で買わないから」「いつも購入するのは、ポイントのつく店と決めているので」「コンビニで買えることを知らなかった」などが挙げられた。

[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping