ニュース
2005/04/11 19:57 更新


次世代Xboxに参入するメーカー各社が明らかに――日本メーカーを中心とした決意表明も掲載

マイクロソフトの次世代Xboxに参入を表明したメーカーが発表された。日本からも大手パブリッシャーが名を連ねている。各社は次世代Xboxの何に魅力を感じて参入を決意したのだろうか?

 マイクロソフトは2005年4月8日、同社の次世代XboxにおいてHD時代へ突入する決意を表明している、大手パブリッシャーの各社名を発表した。

 これに対して、マイクロソフトのバイスプレジデントで、XboxのワールドワイドでのマーケティングとMicrosoft Game Studios作品の責任者であるピーター・ムーア氏は、「HD時代のゲーム展望に命を吹き込む鍵を握っているのは、世界中で何千万人ものインタラクティブエンターテイメントを楽しむユーザーの歴史を形づくってきた、トップクラスのパブリッシャーや開発者であり、我々のパートナーです。

 こうした素晴らしいパブリッシャーや開発者の面々は、夢でしか実現できないようなゲーム体験をユーザーに提供し、最終的にはビデオゲームをエンターテイメント界のナンバーワンの存在にしようという意欲に燃えています。」と語っている。

 マイクロソフトの次世代Xboxへの参入、および高解像度ゲームに対する画期的な展望を、全面的に支援することを表明しているパブリッシャーは以下の通り。

次世代Xbox参入パブリッシャー
2Kgames
アクティビジョン
アタリ
バンダイ
Bethesda Softworks
カプコン
Codemasters Software
Eidos
エレクトロニック・アーツ
フロム・ソフトウェア
コーエー
コナミ
LucasArts
Majesco Entertainment
Midway Games
ナムコ
Phantagram
Rockstar Games
セガ オブ アメリカ
テクモ
THQ
Ubisoft Entertainment
Vivendi Universal Games
Webzen

 また、ディベロッパーでも参加を表明しているメーカーがある。日本からも、坂口博信氏率いるミストウォーカー、岡本吉起氏率いるゲームリパブリック、および水口哲也氏率いるキューエンタテインメントがすでに参入を表明しているが、詳しくは以下を参照してもらいたい。

次世代Xbox参入ディベロッパー
BioWare
Bizarre Creations
Bungie Studios
Epic Games
FASA Studio
Lionhead Studios
レア
Real Time Worlds
ミストウォーカー
ゲームリパブリック
キューエンタテインメント

 ちなみにマイクロソフトは、これまでに挙げたメーカー各社により「次世代Xboxのタイトルは、ワクワクするようなエンターテイメント体験を提供し、HD時代を前進させることになる」と予測している。

 さらには、「ユーザーは技術の進歩を実感することができ、例えばマルチチャンネル音響によってよりリアルな世界へ、例えばかすかな敵の足音まで聞き取れるほどになります」と述べている。

 なお、Xbox現世代機に関しては、2007年までタイトルを発売するとのこと。本年1年間だけで見ても、(全世界で)200以上のゲームが発売される予定となっている。

日本メーカーを中心に参入に対する決意表明を掲載

バンダイゲームス 内田考生氏

「バンダイは次世代機Xboxのプランニングに参加していることを誇りに思う。我々のユニークでエキサイティングなゲームは、次世代Xboxのラインナップの大きな魅力となるだろう。」

カプコン 代表取締役社長 辻本憲三氏

「本日、マイクロソフトと共に当社の次世代Xbox参入発表を行えたことを嬉しく思います。この新しいプラットフォーム環境が、当社が目指す更に革新的な開発技術と、消費者が求める新しいエンターテインメントの融合の場になることを期待しています。」

フロム・ソフトウェア 代表取締役 神直利氏

「Xbox次世代機と共に、エンターテインメントの概念に何らかの変革を起こしたいと考えます。参入することができ大変光栄に思います。」

コーエー 常務執行役員/ソフトウェア事業部長
小川亨氏

「我々はXbox次世代機に大きな期待を寄せている。Xbox次世代機の機能をフルに活用し、世界中のゲームファンに全く画期的な形のエンターテインメントを提供することを、楽しみにしている。」

コナミ 米州・欧州担当役員 北上一三氏

「コナミは、常に技術の限界に挑戦し、高品質なヒット商品を創出して参りました。マイクロソフト社の次世代Xboxゲームシステムにより、お客様に新しいエンターテイメントをご提供し続けることが可能になるものと期待しております。」

Namco Hometek プレジデント/CEO 笠原信寛氏

「ナムコはマイクロソフトの次世代機のビジョンをサポートするリーディングパブリッシャーであることを嬉しく思います。我々はマイクロソフトの次世代機がテクノロジーの限界を押し上げる魅力的なハードウェアだと確信しており、ユーザーにも印象的なゲームプレイの経験を提供し、我々のソフトウェアの最大限の可能性を引き出すものと思っています。」

セガ オブ アメリカ President and COO Simon Jeffery氏

「次世代Xboxはより広い市場でアクセスできるため、SEGAは‘Sonic The Hedgehog’のような人気フランチャイズから、ゲームの遊び方を変えてしまうような新しくて面白い体験に至るまで、あらゆる市場の人たちを満足させるような一連のすばらしいゲームコンテンツを届ける準備がある。マイクロソフト社が有力な開発ツールを創り出したことにより、SEGAの開発者たちは今までになく現実的で、豊富な、映画のような環境を創造できるようになった。ここにソフト、ハード、サービス統合の哲学を加えれば、新しい品質基準の設定が期待できる、一つ上を行く公式が出来上がる。」

テクモUSA John Inada氏

「我々はマイクロソフト社の次世代プラットフォーム上でオンラインゲーム業界のリーダーであり続けると同時に、究極のゲーム体験を創造することを目的として、世界で最先端のゲームテクノロジーに取り組んでいる。」

Electronic Arts Worldwide Studios President Don Mattrick氏

「EAスタジオチームはマイクロソフト社の新たなコンソールと共にデビューするゲーム開発に、すでに深く関わっている。我々は特にその高解像度とオンライン機能の活用に焦点をあてているが、これら二つの要素は、次世代テクノロジー上のゲーム体験を定義づけることになるだろう。マイクロソフト社はすばらしいパートナーであり、新しいコンソールは開発者にとっても、また消費者にとっても衝撃となるだろう。」

Microsoft Game Studios ジェネラル マネージャ シェーン・キム氏

「我々は世界中でクリエイティブな革新者として、またトレンドの仕掛け人として名を馳せるクリエイター達を、ファーストパーティの開発者に揃えました。我々は皆、次世代Xboxのためだけに画期的な進歩をもたらすよう、尽力しています。我々の共通のゴールは、インタラクティブ エンターテインメントに対する考え方や遊び方そして経験を、根本的に変えるような体験を皆さんに届けることにあります。」 

Rockstar Games President Sam Houser氏

「次世代Xboxで開発できることは大変大きなチャンスです。新しいハードウェアによる技術的発展による可能性とチャレンジにより、われわれの開発チームは全員興奮しています。これまでのようにRockstarのコアとなる精神とスタイルを追求しつつも、この新たな技術によりユーザーの期待に応えていきたいと思います。」

Microsoft、Xbox、Xboxロゴ、Xbox Live、は米国Microsoft Corporationの米国及びその他の国における登録商標または商標です。
その他、記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。


[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping