ニュース
2005/04/21 18:27 更新


自分を呼んでくれて嬉しかった――「ロマンシング サガ ‐ミンストレルソング‐」伊藤賢治氏によるトークショー&サイン会が開催

本作の音楽を担当した、「サ・ガ」シリーズではお馴染みの伊藤賢治氏を招いてのトークショー&サイン会が開催され、収録されている楽曲や、本作の制作に参加した経緯が語られた。

 既報の通り、スクウェア・エニックスは、プレイステーション2用RPG「ロマンシング サガ ‐ミンストレルソング‐」が本日発売されたことを記念して、本作の音楽を担当した伊藤賢治氏を迎えてのトークショウ&サイン会を、ヨドバシカメラ 新宿西口本店ゲームホビー館にて行った。

 現地に着いた時にはすでに多くのファンが集まっており、伊藤氏の人気の高さを感じることができた。そして伊藤氏の登場と共にトークショウがスタート。

photo

到着した時はすでにこの状況。店舗前が公道だったので、若干の混乱も予想されたが、伊藤氏ファンは礼儀正しい人が多く、特にこれといった問題もなくイベントは進行した


 まずは、本作の音楽担当をすることになった経緯について「2年ほど前に河津さん(本作ディレクター)から連絡があり、「ロマンシング サガ」のリニューアルを考えているんだけど一緒にやらないか、と持ちかけられた。驚きもあったんですが、自分を呼んでくれて嬉しかった。」と振り返ってくれた。

 なお、本作の楽曲に関しては「バトルだけでも10曲以上は作った。これまでに公開されている曲は激しいものだと思いますが、『ロマンシング サガ2』や『ロマンシング サガ3』で流れていたロックやテクノ、ラテンっぽい曲もあるので、プレイしながらどこで流れるのか探してみてほしい」と語っていた。

photo

「ロマンシング サガ ‐ミンストレルソング‐」音楽担当の伊藤賢治氏


 30分という短い時間でのイベントということもあり、ここでトークショウは終了。続いては集まったファンお待ちかねのサイン会へと突入。多くのファンが集まったにも関わらず、伊藤氏はその1人1人と握手を交わし、声を掛けていたのが印象深かった。

photo

1人1人に丁寧にサインを行い、握手を交わす伊藤氏。女性のファンも多かった


photo

中には購入したばかりの本作のパッケージにサインをしてもらう人も


 サイン会も無事に終了し、最後には伊藤氏から集まったファンへ「1人クリアしただけでは全部を理解したとは言えないので、全員分、ゆっくりと楽しみながらプレイしてください。」との言葉が贈られて、イベントは終了した。

 さまざまな思いが重なり、リニューアルに至った「ロマンシング サガ ‐ミンストレルソング‐」。伊藤氏の言葉ではないが、13年(スーパーファミコン版は1992年発売)の時を経て生まれ変わった本作を、心ゆくまで楽しんでもらえればと思う。

[遠藤学,ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping