ニュース
2005/04/28 00:00 更新


「闘神士」と「式神」が織り成す友情アクションを体感せよ――「陰陽大戦記 覇者の印」

「陰陽大戦記」のメディアミックス展開に、ついにゲームが登場。アニメにもコミックにもないオリジナルストーリーが用意された本作の中身とは?

 バンダイは、現在アニメがテレビ東京系列で放送中であり、月刊Vジャンプにて漫画が連載中の「陰陽大戦記」をゲーム化した、友情アクションアドベンチャー「陰陽大戦記 覇者の印」を、プレイステーション2用ソフトとして、2005年6月23日に発売予定であることを明らかにした。

 本作は、闘神士「リク」と式神「コゲンタ」を操り、オリジナルストーリーを遊ぶことができるシナリオモードがメインとなっているタイトル。「火」「水」「木」「土」をモチーフにした色彩豊かなステージを冒険しながら、目的となるアイテムやいろいろなキャラクターを手に入れていくこととなる。

photo

 手に入れたキャラクターは、任意のステージで遊ぶことができるフリーモードにて使用可能。また、キャラクターには成長要素があり、シナリオモードやフリーモードで育てたキャラクターをセーブして、対戦モードにて使用することができる。

 なお、対戦モードでは、闘神士と式神のペアをひとつとして、最大4組でのバトルが行えるとのことだ。

 ちなみに本作最大の特徴としては、プレイ状況に合わせて、「闘神士」と「式神」、そして式神が闘神士を担ぐ「合体」フォームの3つを、うまく使い分けながら冒険を進めていくという点が挙がる。

 それぞれの簡単な説明を行うと、「闘神士」は攻撃が弱いが、その分さまざまなギミックを解くことができる。また、5種類の属性による「陰陽闘神符」というカードを使用することが可能で、こちらは攻撃とトラップ解除のどちらにも使うことができるとのことだ。以下、「陰陽闘神符」の属性と効果。

属性効果
燃やす
火を消す・押し飛ばす
木枯らし(垂直に飛ばす)
電撃
石化・持ち運ぶ

photo

木箱を壊す闘神士「リク」。攻撃力が弱いとのことなので、周りに敵がいないかどうかを確認したうえで、交代したほうが良さそうだ


 次に「式神」だが、こちらは闘神士よりも遥かに強力な攻撃を繰り出すことができる。ただし、闘神士が攻撃されないように守りながらの戦いとなるので、油断することはできないだろう。

photo

敵との戦いは基本的に式神「コゲンタ」に任せたほうが良さそうだが、リクを守るという役目も忘れないように注意したい


photo

どうやらコゲンタが単独行動しているようにも見えるが……常に一緒に行動するわけではないのだろうか?


 なお、式神は「必殺魂」を敵にヒットさせることで印入力が開始され、正しく印をきることで必殺技を繰り出す。ちなみに必殺技は60種類以上が用意されているとのこと。

photo

必殺技発動の際に表示される印。正しく入力すれば画面狭しの派手な演出が待っているとのことだ


 最後に闘神士×式神の「合体」についてだが、こちらは2人という特性を活かし、担いでいる闘神士を投げて、高所や向こう岸に渡すことができる。ちなみに、担いではいてもしっかりと攻撃はできるので、この点には安心してもらえればと思う。

photo

リクだけではたどり着けない場所も、コゲンタと一緒ならば可能となる。何が一番良い行動となるのか考えながら進めていくことが大事


photo

時には2人で協力することもある。木箱を押しているようだが、果たしてどんな仕掛けなのだろうか?


陰陽大戦記 覇者の印
対応機種PlayStation 2
メーカーバンダイ
ジャンル友情アクションアドベンチャー
発売日2005年6月23日予定
価格7140円(税込)
(C)海童博行・富沢義彦/集英社・WiZ・サンライズ・陰陽製作委員会・テレビ東京 2004
(C)BANDAI2005


[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping