ニュース
2005/05/10 17:07 更新


コーエー「大航海時代 Online」の韓国展開でCJインターネットと業務提携


wk_0510daikoukai01.jpg

 コーエーは、「大航海時代 Online」(Windows版)の韓国での正式サービスに関して、韓国のエンターテインメントポータルの最大手「NetMarble」を運営するCJインターネットとライセンス契約を締結、コーエーが開発したオンライン海洋冒険RPG「大航海時代

Online」の販売および運営を包括的に展開すると発表した。2005年6月にβテスト開始、冬には正式サービスを開始を予定している。

 「大航海時代 Online」は、日本国内では3月16日に正式サービスが開始され、登録ユーザー数が4万人を超える大規模多人数参加型オンラインゲーム。「韓国ゲーム白書 2004」によると、韓国のオンラインゲーム市場は、2003年度が754億円で2004年度には前年度より45%成長し、1094億円に推移している。プレイヤーについても、10代、20代中心から30代、40代の中・高年齢層や女性層まで拡大しており、「大航海時代 Online」がどのような形で、韓国オンラインゲーム市場に迎えられるか注目される。

 コーエーは「2000年に韓国ソウルに現地法人を設立し、これまでもパソコンやプレイステーション2向けのゲームソフトなどを積極的にリリースしてきた。スタンドアローンタイプの『大航海時代』シリーズも販売しており、大変ご好評をいただいております」と説明。「大航海時代 Online」は、企画段階から韓国市場を視野に入れた開発を行っていたと明かした。

wk_0510daikoukai02.jpg

wk_0510daikoukai03.jpg

[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping