ニュース
2005/05/20 04:54 更新

カプコンブース:
「新 鬼武者」「大神」「BEAT DOWN」など、話題のタイトル16本がプレイアブルで出展

初プレイアブル出展のタイトルの多さが目についたカプコンブースを紹介。日本のみならず海外メディアからの注目度も高い「大神」は、やはりブースの一番人気?

 2005年5月18日〜20日、北米ロサンゼルス・コンベンションセンターにで行われている「Electronic Entertainment Expo 2005」(E3 2005)。今回はカプコンブースを紹介する。

photo

 プレイアブル、映像出展されていたタイトルは、先日お伝えした同社のプレスカンファレンスにて発表されたものとほぼ同じ。とは言え、並んでみると壮観なもので、全16タイトルに及ぶプレイアブル出展の多さは目を見張るものがあった。

 出展タイトルの中でも特に注目されていたのは「Okami」。独特なグラフィックと、どこか日本を意識させるタイトルだけに、海外メディアの関心も高かった。こちらは後ほど体験レポートを掲載する予定。

photo

 他にも、新たな「鬼武者」として発売が予定されている「Onimusha Dawn of Dreams」や、「Okami」に負けないくらいの独特なグラフィック・演出が期待される「killer7」、さらには先日発売されることが明らかにされたばかりの「Final Fight Streetwise」もプレイアブルで出展されているなど、かなりの見ごたえのあるブースとなっていた。

photo

Onimusha Dawn of Dreams


photo

killer7


photo

Final Fight Streetwise


photo

BEAT DOWN


photo

懐かしのカプコンアーケードゲーム22タイトルが収録された「Capcom Classics」

 なお、先の記事で長蛇の列が作られていたと紹介されたニンテンドーDS版「Phoenix Wright:Ace Attorney」(逆転裁判)だが、カプコンブースでは「Mega Man BATTLE NETWORK 5:DOUBLE TEAM」「Viewtiful Joe DS」と共にまとめて出展。

photo

 今年のE3最大の注目である次世代機向けタイトルに関しては、先日のプレスカンファレンスですでに発表がされていた「Devil May Cry 4」(プレイステーション 3)と「DEAD RISING」(Xbox 360)の映像出展が行われていた。

photo

プレイアブル出展タイトル一覧

タイトル名機種
BEAT DOWNプレイステーション 2
Capcom Classicsプレイステーション 2/Xbox
Devil Kingsプレイステーション 2
Final Fight Streetwiseプレイステーション 2
Flipnicプレイステーション 2
killer7プレイステーション 2/ニンテンドーゲームキューブ
Legend of Kayプレイステーション 2
Mega Man X Collectionプレイステーション2/ニンテンドーゲームキューブ
Mega Man Zero 4ゲームボーイアドバンス
Mega Man BATTLE NETWORK 5:DOUBLE TEAMニンテンドーDS/ゲームボーイアドバンス
Okamiプレイステーション 2
Onimusha Dawn of Dreamsプレイステーション 2
Phoenix WrightニンテンドーDS
Viewtiful Joe DSニンテンドーDS
Without Warningプレイステーション 2/Xbox
DARKWATCHプレイステーション 2/Xbox
(順不同)

[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping