ニュース
2005/05/20 09:42 更新

スクウェアエニックスブース:
スクウェアエニックスのブースは、試遊とシアターでの映像上映の2本柱

残念ながら「FINAL FANTASY VII」は映像出展のみとなったスクウェアエニックスだが、「キングダムハーツII」や「DRAGON QUEST XIII」など数多くのタイトルをプレイアブル出展している。

 スクウェアエニックスのブースは、シアターによるタイトル映像の上映が例年の人気企画。今年も午前中にはすべて配布が終了するチケットを求めて、来場者が長い行列を作っていた。配布されるチケットには入場時間が指定されており、それまでブース内でのんびり試遊機に向かってタイトルを試遊することができる。

wk_0519E3-SQ510.jpg

スクウェアエニックスのブースの様子。ゆったりととられたスペースに数多くの試遊機が用意されている

wk_0519E3-SQ516.jpg

ブースのインフォメーションで次々と配布されるシアターのチケット。午前中には、一日分のチケットすべてがなくなってしまうほどの人気

wk_0519E3-SQ531.jpg

次の上映を待つ人々の列。このスクリーンの後ろに専用のシアターコーナーが設置されている

 試遊機は、先日のプレスカンファレンスでアナウンスされたタイトルを一通り手にしてプレイすることができる。中には椅子付きのコーナーもあって、ドラゴンクエストVIIIに腰を据えて挑む来場者の姿もみられた。

wk_0519E3-SQ521.jpg

モバイルのコーナーでは、説明するスタッフも「ビフォアクライシス−ファイナルファンタジーVII−」に登場するタークスのいでたち

wk_0519E3-SQ650.jpg

「DRAGON QUEST VIII」の試遊コーナー。スライムも待っています

 また、プレイオンラインのコーナーでは「フロントミッションオンライン」と「FINALFANTASY XI」が交互にデモンストレーションされていた。FF XIでは、昨年はバージョンアップで導入されたばかりのバリスタを使った会場内イベントが企画されていたが、今年のイベントは各種バトルフィールドが舞台。見事、バトルフィールドを制した来場者には、さまざまなプレゼントも用意されていた。

wk_0519E3-SQ654.jpg

偶然隣り合ったもの同士でバトルフィールドへと挑む来場者たち。マクロの準備に余念がない人も……

wk_0519E3-SQ659.jpg

左上パネルに記されているのがバトルフィールドで戦う相手。GeForece 6800 Ultraが賞品だった応竜はすでに撃破済み。次の対戦相手は、プロマシアミッションに登場するあの人

wk_0519E3-SQ660.jpg

ブースの横では、異国のミスラさんたちと一緒に記念撮影ができるコーナーもある。一緒に撮った写真をブースに持参すると、記念のフォトカバーももらえる

[矢作晃,ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping