ニュース
2005/05/21 18:53 更新

ナムコブース:
Xbox 360参入タイトル「フレームシティ」を発表――「ソウルキャリバーIII」は新モードの存在も明らかに

2005年秋以降に発売を予定しているタイトルを中心に、映像・プレイアブル合わせて25タイトルを出展。次世代機タイトルとしてはXbox 360向けソフトの開発が行われていることが明らかになった。
photo

 ナムコブースの一番人気は、プレイアブル出展となった「ソウルキャリバーIII」。基本としては「ソウルキャリバーII」のシステムを継承しつつ、全体的な底上げが行われている印象を受けた本作。

photo

 とは言え、新しい要素もしっかりと取り入れられており、ブース内で上映されていた最新映像には、キャラクターを自由にコーディネイトできる「キャラクタークリエイション」などの新モードの存在が見受けられた。

photo

クリエイションできる部分は多岐に渡る。もしかしたら歴代ナムコキャラの再現なんてことも……


 試遊台自体は1人用モードで「キリク」、対戦モードでは「ティラ」と「御剣」の3人が操作可能で、「タリム」や「ザサラメール」といった面々も登場するなど、開発が順調に進んでいる様子が伺えた。

photo

ひっそりと初登場を果たした「キリク」


 同じく注目を集めていたタイトルとしては、「ソウルキャリバー」と「鉄拳」という、ナムコが誇る2大格闘ゲームのスタッフによる多人数格闘アクション「アーバンレイン」や、北米でも数々の賞を受賞している「塊魂」の続編、「みんな大好き塊魂」などが挙がる。

photo

ナムコが誇る2大格闘ゲームのスタッフが制作を務める「アーバンレイン」

photo

その独特の世界観とキャラクター、そして何よりもシンプルなルールで好評を博した「塊魂」の続編「みんな大好き塊魂」

 ちなみに「みんな大好き塊魂」は、イトコやハトコといった王子以外でのキャラクターが操作できるようになっており、シングルプレイで選べるキャラクターの選択肢が増えたのはもちろん、新たに2人でプレイする「協力プレイ」モードが採用されていた。

photo

2人プレイ時は左下と右下にそれぞれのキャラクターが表示される


 また、ブース内の特設ステージ横には、巨大な塊のオブジェが展示されているなど、力の入れようを感じることができた。日本での発売は2005年7月7日と、まだ少し先の話ではあるが、前作以上にボリュームアップ、そしてパワーアップしたであろう王様を期待して待っていてもらいたい。

photo

ナムコブースの訪問者を迎える「塊」。毎日見たが大きくなるなどの変化は見られなかった


 他にも、パックマン関連のゲームを集めた特別コーナーが設置されており、ここではナムコの50周年を記念したタイトル「ナムコミュージアム」や、パックマン誕生から25周年を記念した3Dアクション「パックマンワールド3」、そしてニンテンドーDSの特徴を活かした新感覚転がしゲーム「パックンロール」などがプレイアブル出展されていた。

photo

コーナーではパックマンの生みの親であるナムコ・岩谷徹氏からのコメント映像も流されていた


 なお、会場ではナムコのXbox 360参入タイトルとして「フレームシティ」が映像出展という形で発表されている。また、同社の人気RPG「テイルズ オブ レジェンディア」に関しても映像のみでの出展となった。

photo

Xbox 360参入第1弾タイトル「フレームシティ」


photo

プレーヤーはエージェントとなり、自分の意思で自由に行動し、多くのミッションをこなすこととなる


photo

映像出展のみであった「テイルズ オブ レジェンディア」だが、やはり注目度は高かった


[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping