ニュース
2005/05/21 19:55 更新

SCEブース:
人気PS2タイトルの続編ラッシュ、日本での発売はいつ?

ヒットタイトルの続編に人気が集まるのは、日本でも海外でも同じ。会場で多くの人が集まっていた3作品を紹介。

 ヒットしたタイトルの続編に人気が集まるのは、日本でも海外でも同じ傾向のようだ。会場で多くの人が集まっていた作品を中心に紹介してみよう。

「BURNOUT:REVENGE」

 スピード、スリル、クラッシュを楽しむ何でもアリな公道レースの最新作。基本的には前作の「BURNOUT3:TAKEDOWN」の流れを受け継いでおり、危険走行をしながらド派手なTAKEDOWN(車のクラッシュ)を狙っていく……という痛快無比なカーアクションとなっている。

 新作のポイントは、事故ったあとに愛車を自ら爆破させることで被害を拡大させる”CRASH BLAKER”がレースモードでも使えるようになったことだ。また舞台がアメリカ、ローマ、東京となったことで、首都高や都庁らしき見慣れた街並み(?)を舞台に非日常走行が楽しめる。開発状況は70%。

photo

photo

クラッシュした自車でライバル車を事故に巻き込む「アフタータッチ」と違い、「クラッシュブレイカー」は強引に相手を強引に爆風へ巻き込む。この強引さがいい


「SOCOM3:U.S.NAVY SEALS」

 前2作ともミリオンセラーを記録した、世界最強の米海軍特殊部隊SEALSの対テロリスト戦を描いた戦術系アクションシューティング「SOCOM U.S. NAVY SEALS」の第3弾。最新作はオンラインで最大32名のプレイヤーが戦闘に参加することができ、次世代ミリタリーゲームではもはや必須の要素となる「大規模戦闘」の醍醐味が味わえる作りとなっている。またPSP版「SOCOM U.S. NAVY SEALS:FIRETEAM BRAVO」との連動も考えられているとのこと。

 会場では特殊部隊vsテロリストによるオンライン対戦台が出展されており、ボイスチャットで連絡を取りながら小隊ごとに行動するさまが圧巻だった(というよりも遊んでいる側も牽制と突撃に分かれて戦略的に行動しており、かなりマニアックな人達がずっと遊んでいました)。開発状況は60%。

photo

photo

「SOCOM 3」では新たにボートなどの水上車両が登場しただけでなく、サイレンサーやスコープをはじめとした20以上の武器アタッチメントが追加され武器カスタマイズの幅が広がっている。武器の組み合わせは1000以上にもわたるという


「24 THE GAME」

 緊迫する24時間の出来事をリアルタイムで描くサスペンスドラマ「24」待望のゲーム版。ゲームシステムはオーソドックスな3人称視点のシューティングアクションで、見た目の派手さはないにも関わらず多くのギャラリーが試遊台に集まっており「24」の人気を思わせる内容だった。開発は「ゴーストハンター」を手掛けたSCEヨーロッパのケンブリッジスタジオで、シーズン2〜3間の謎を解き明かすストーリーラインが用意されている。

photo

photo

ジャック・バウアー役のキーファー・サザーランドが声で出演しているほか、マルチで進行していくシナリオ構成はゲームも同じ。収録されているミッションは100以上、発売は2005年秋を予定


[小林仁,ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping