RBB Today 速報
2005/05/24 20:00 更新


選挙でリーダーが選ばれる「正・邪派盟 盟主機能」などが実装。MMORPG「新・天上碑」


 ゲームオンはMMORPG「新・天上碑」において、2005年5月24日より行われるアップデートの内容を発表した。

  • 「正・邪派盟 盟主機能」

 「新・天上碑」の世界を二分する正・邪派、そのリーダーである「盟主」はなんと選挙で選ばれる。「盟主」になりたいプレイヤーは自ら立候補し、選挙活動を行う。「盟主」は同じ属性を持つプレイヤーの象徴として活動することになるという。

  • 「新MAP 四川省」

 「盟主機能」の追加に伴い、新マップ「四川省」が登場する。正派・邪派の拠点となる二つの大きな城と運営資金を稼ぐ「料理屋」が配置される。中央付近は正派・邪派の「抗争地域」となり、他属性のキャラクターを殺害してもペナルティが課せられない。

  • 「ポイントショップ追加」

 ゲーム内で報酬として与えられるポイントを使って買いものができる「ポイントショップ」。これまではよろず屋のみだったのが、西域店員・西域呪符術士・よろず屋と3カ所に増加。武器の性能を変更する呪符や花火、PK回避用のマントなどが販売される。

  • nProtect導入

 セキュリティ対策として「nProtect GameGuard」が導入される。「新・天上碑」起動と同時に自動で作動を開始し、不正ツールの検知や削除などを行う。これにより公平な環境でゲームが楽しめるようになるという。

 果たして初の盟主の座につくのは誰だろうか?「新・天上碑」ファンは、ゲーム内選挙の行方に注目だ。

[記事提供:RBB TODAY]


-PR-Game Shopping