ニュース
2005/05/26 16:59 更新


スタッフがほぼ集結?5時間におよぶ完成&発売イベント「半熟前夜祭」は出演者も内容も豪華

「半熟英雄4 〜7人の英雄〜」の発売日前日となる2005年5月25日、完成&発売を記念してのイベントが開催された。無料イベントとしては異例とも言える豪華さだったその中身とは?

 既報の通り、スクウェア・エニックスは、2005年5月26日に発売されるプレイステーション2ソフト「半熟英雄4 〜7人の英雄〜」の完成&発売イベント「半熟前夜祭」を、2005年5月25日17時30分より都内ライブハウスにて開催した。

 本イベントは、公式サイト「半熟劇場」にて募集を行った一般参加者を招待して行われ、第1部(17時30分〜20時30分)と、未成年者は参加不可となる第2部(21時〜22時30分)の2部構成。

 司会進行役は本作プロデューサーであるトキータ将軍こと時田貴史氏と、広報担当であるササリュー将軍こと佐々木隆太郎氏が務め、豪華ゲストによる座談会やトークショー、半熟レイディオの公開録音などが行われた。

photo

時田貴史氏


photo

佐々木隆太郎氏


 では、3時間におよんだ第1部を各コーナーに分けて紹介していこう。

半熟メイジス座談会

 本作の音楽を担当した半熟メイジスのメンバーと、伊藤賢治氏の7人が登場。7つの惑星ごとにテーマが違うので競作したほうが面白いのではないか、ということもあり舞台となる惑星ごとにそれぞれが楽曲を担当しており、フォーク、ロック、クラシック、テクノなどいろいろな曲が収録されており、各氏によるゲームBGMの紹介と曲の解説などが行われた。

photo

総勢7人のコンポーザーが登場。本当はもう1人いるのだが、残念ながら欠席となってしまった


 ちなみに伊藤氏は惑星ロマンシングを担当しており、会場で流されたのは「バラの花咲く大地は唄う」という楽曲。「『ロマンシング・サガ』のパロディ、『ベルサイユのバラ』イメージ、昼メロの主題歌のような感じ」という注文を受けたとのこと。

photo

伊藤賢治氏


 また、ゲームミュージックにフォークを持ち込んだ第1人者(時田氏・談)である植松伸夫氏は「年齢的にフォークの世代は僕だけ。中でも四畳半フォーク、悲しいフォークをやるんだったら俺だろう」ということで「ヨンダガワ」の作曲を行ったことが明らかにされた。

 なお、植松氏は「(『半熟英雄』は)毎回何でもありなので楽しい。次はキャラクターデザインとかやってみようかな」と新たな分野への意欲を燃やしていた。

photo

植松伸夫氏


ささきいさお氏 ライブ&トークショー

 2003年6月26日に発売された前作「半熟英雄 対 3D」のテーマソング「戦え!半熟英雄」のメロディにのって、本作でも主題歌を担当したささきいさお氏が登場。

 前作の主題歌依頼の際に渡したデモテープの歌手がささき氏のモノマネをした時田氏によるものだったことや、「遊び心をうまく出せるか(を考えた)。歌うときは真面目なので、歌詞を読んだ時にこの面白さを歌えるのかって。でも、ふざけて唄うと面白くないので、逆に真面目に唄ったほうが良いと思った」(ささき氏)といったエピソードが披露された。

photo

 最後はささき氏が「今度も曲も面白い。これも当たる(ヒットする)要素がたくさんある」と絶賛する本作の主題歌『半熟6×9』が初公開され、ノリのいいテンポとささき氏の歌声に会場はヒートアップしていた。

photo

「半熟6×9」を熱唱してくれた、ささきいさお氏


声優さん、いらっしゃ〜い!

 本作の出演声優陣をゲストに迎えての本コーナーでは、カトリイネ役の笹木綾子さん、エッグ・ママ役の佐藤麻子さん、エッグモンスターを担当したIKKAN氏率いるエグモン一座が登場。

 キャラクターやエッグモンスターの映像を見ながら、それぞれの担当が解説、感想を述べるというコーナーだったのだが、本作では1人が何役も演じているため、自分の担当したキャラクターを覚えていないことも多く、途中から誰が担当したのかを調べるコーナーとなっていた。

photo

何人いるのかも分からなくなるほど登場した声優陣。これまでのコーナーもそうだが、それひとつだけでイベントひとつ開催できるほどの豪華さだった


 また、本コーナーでは合わせてお祝いメッセージビデオを公開。本作テレビCMに出演している仲村瑠璃亜さんからは、「コスプレ姿でCMに出演しているのですが、衣装がとても可愛くて凄く気に入っています。1シーンで16パターンくらい撮ったりと、意外と大変でしたが、楽しく撮影することができました。CM以上にゲームは面白くできているので、皆さん『半熟英雄4』絶対買ってくださいね」とのコメントが披露された。

photo

仲村瑠璃亜さん


 他にも本作のキャラクターとして登場するタレントの鉄拳氏やプロレスラーの菊タロー氏(えべっさん)からもコメントが寄せられており「今回は隠れキャラクターとして、いろんなところに現れたり、現れなかったり……僕もまだプレイしていないので、どんなゲームになっているか心配です」(鉄拳氏)。「えべっさんとして登場しており、思い出が詰まっている作品なので、皆さんにも遊んでもらいたいと思います」(菊タロー氏)といったメッセージが公開された。

photo

鉄拳氏


photo

菊タロー氏。時田氏も気にしていたが、果たして後ろの人物は……


半熟レイディオ公開録音

 その名の通り、「半熟劇場」で配信しているインターネットラジオ番組「半熟レイディオ」の公開録音コーナー。ここでは時田氏、佐々木氏に加え、本番組のレギュラーパーソナリティーであるカオリイヌこと安藤かおりさんを交えて進行が行われた。

photo

テレビCMと同じコスプレ衣装で登場した安藤かおりさん(中央)


 番組の人気コーナー「将軍教えてちょんまげ」では、時田氏自らが会場に訪れたファンのためにパスワードを公開。残念ながらここで教えることはできないが、今回収録された内容は2005年6月3日に配信が行われる予定とのことなので、足を運べなかったファンはもちろん、パスワードを知りたいという人もぜひチェックしてみてもらいたい。

開発将軍座談会&質問コーナー

 「半熟劇場」の「スタッフBBS」に登場している開発スタッフからランダムで選ばれた5人が、ゲームや私生活に関する質問に受け答えた本コーナー。

photo

 学生時代に所属していた部活や好きな教科など、主に私生活に関する質問を中心に、「好きなエッグモンスターは?」といったような、ゲームに関する質問もあった。

 なお、時田氏は高校時代に演劇部に所属していたが、高校を出た後に一人暮らしをするためにアルバイトを行い、2〜3カ月で退部してしまったというエピソードが披露された。

 最後はスタッフが着用していた「半熟Tシャツ」やニンテンドーDS&「エッグモンスターHERO」、限定版「半熟銀河弁当」といった賞品がもらえる「半熟グッズ争奪ジャンケン大会」が行われ、時田氏より「『半熟英雄4』は、前作から制作に携わっている開発スタッフもいて、半熟のノリを分かったうえでアグレッシブにやってもらっている。次世代機では、ビル・ゲイツ氏から(Xbox360で)出してくれ、と言われるくらい、口コミで広がってくれると嬉しい」とのコメントがあり、第1部は終了となった。

photo

時田氏とのジャンケンに勝利した人にはニンテンドーDS&「エッグモンスターHERO」&限定版「半熟銀河弁当」という超豪華セットがプレゼントされた


半熟英雄4 〜7人の半熟英雄〜
対応機種PlayStation 2
メーカースクウェア・エニックス
ジャンルRPG
発売日2005年5月26日(発売中)
価格通常版:7140円(税込)
限定版「半熟銀河弁当」:9240円(税込)

[遠藤学,ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping