レビュー
2005/06/13 19:24 更新


えっ、結婚できるサッカーゲーム!? 再び (1/3)

サッカー選手の人生にスポットを当てたユニークな育成シミュレーションゲーム「サッカーライフ2」。ビッグクラブで万年ベンチ、弱小クラブで孤軍奮闘、年俸すべてを彼女に貢ぐ、欧州各国を渡り歩く……。人にはそれぞれの生き方がある。

人生は転がるボールのように

 サッカーゲーム界を引っ張る2トップ、コナミの「ウイニングイレブン」とセガの「サカつく」。アクションと経営シミュレーションというそれぞれの持ち味を生かし、不動の地位を築き上げているのはご存じの通り。現在、新規のサッカーものがこの2強に割って入るのは難しい状況だ。特にスポーツゲームは、一度システムやお約束に慣れてしまったら、ほかのタイトルに移ろうという気がしなくなるもの。必然的に、後発組に求められるハードルは高くなる。これまで幾多のタイトルが敗れ去ってきたことか……。

 それでも、この牙城に果敢に挑戦し、一部のファンに好評を博したのが人生(サッカー育成)シミュレーション「サッカーライフ」。初代の登場は2004年の2月。発売はバンプレスト、開発元は「日本代表選手になろう!」や「ドラッグ オン ドラグーン」なども手がけた「キャビア」だ。

 サッカーライフが持つ独自の切り口は、タイトルにもあるように“人生”。単純にチームの勝ち負けに熱くなるのでもなく、経営手腕でビッグクラブを作り上げ、喜びに浸るのでもない。ただひとりのサッカー選手としてできる限り最善を尽くし、悔いのないサッカー人生を送る。この光の当て方が新鮮だった。

 ヨーロッパのクラブチームを舞台に、若い選手や息子にタスキをつなぎながら、クラブと代表で獲得できる全タイトルの制覇を目指す。発売前はほとんど無名だったが、その特異なゲーム性によって口コミで広がり、出荷が少なかったこともあって、一時はかなりの品薄状態となっていた。

 思えば、サッカーというものは不思議なスポーツ。チーム戦でありながら“個”が大きな注目を浴びる。ドリブルやスルーパス、そういった直接的なプレイもそうだが、さらにプレイヤーの哲学や背負っている歴史までも私たちは観戦の隠し味にしてしまう。

 絶対的な司令塔の影に隠れた選手の意地のゴール、長年サッカー界を引っ張ってきたベテランの献身的なプレイ、期待されたつつも伸び悩む若手の苦悩が伺えるミス……。一瞬一瞬の動きの中に彼らの人生を垣間見る。生き様と生き様とのぶつかり合い、それがサッカーだ。

 サッカーライフはこの本質をうまくつかんでいた。プレイして驚いたのは、初期には試合にほとんど出られないこと。来る日も来る日もベンチ外、こんなサッカーゲームが未だかつてあっただろうか! 何カ月も、時には何年も、ひたすら練習を積み、途中交代の中で結果を出して、レギュラーを獲得する。ビッグクラブへの道は果てしなく遠い。

 もちろん、ピークを過ぎれば、今度は逆に若手にレギュラーを譲って、試合に出られなくなることもしばしば。現役にこだわり、新たな移籍先を探すか、それとも綺麗に身を引くか……。あらゆる場面で決断を迫られる。

 今回発売された「サッカーライフ2」も、人生というテーマをしっかりと継承した。前作から1年ちょっとと間隔が短いためか、ビジュアルやゲーム性に驚くほどの進化はないが、操作体系が整理され、ロード時間も短かめで、遊びやすさは増している。頭の中でドラマを作り、その選手になりきってヨーロッパを渡り歩く。そうしたプレイヤーにとっては、今作も最高のゲームと言えるだろう。

それではゲームをキックオフ!

 では、ゲームの説明に入ろう。まず9月1週、リストに載った新人選手を限られた資金の中で獲得し、トレーニングセンター(トレセン)に入団させることでゲームスタート。その選手がヨーロッパ(スペイン、イタリア、イングランド、ドイツ、フランスの5リーグ)のクラブチーム(全113クラブ)からオファーを受け、本格的なサッカー人生が幕を開ける。

photo

トレセンはスペイン、イタリア、イングランド、ドイツ、フランス、日本から設置する国を選べる。序盤はその国籍の選手しかリストアップされない


photo

初期はリストアップされる選手の数が少ない。優秀な選手を輩出したり、ほかの国に投資したりすることで増えていく


photo

2では最初の1年間だけ有名プレイヤーをモデルにした選手が使用可能。いわばチュートリアルだが、その成績で1年後にトレセンにボーナスが入る


 ゲーム内の時間は1週間単位で進む。プレイヤーが毎週、主にすることは、練習か休みかの選択。スタミナが少ないと試合に出してもらえないこともあるので、休息も必要だ。練習は何を伸ばすかの指定がなくなり、非常にシンプルになった。ここは、自分でチクチクと育てたいプレイヤーには残念な点だろう。ただ、ゲーム進行は格段に楽になっている。「ダビスタ」でいうところの調教が“面倒くさい”と思うかどうか、この感覚の違いか。

 あとは、コンディションのピーク調整も大事な作業。コンディションが悪いと、実力を発揮できないため、狙った試合にピークとなるようにグラフで調整する。特に新人のうちは、監督の信頼度が低く、通常のリーグ戦にはほとんど使ってもらえないので、シーズン開幕前のリザーブマッチにピークを合わせたい。ここで結果を出せなければ、ベンチ外は決定的。プロとはシビアな世界だ。

photo

数カ月に1度行われる強化練習。タイミングを合わせて表示された通りのボタンを押していけば成功。大幅に能力アップが狙える


photo

コンディションのピークをどの週に置くか。ピークの後は必ず調子が下がるので、そこも計算に入れよう


プレイヤーが介入できる2つの要素

adidas, the adidas logo, ROTEIRO and the 3-Stripes mark are registered trade marks which are owned by the adidas-Salomon Group, used with permission the use of real player names and likenesses is authorized by FIFPro Foundation and its member associations.(C)1996JFA (C)2002JFA.MAX (C)cavia (C)BANPRESTO 2005

      | 1 2 3 | 次のページ

[卯月鮎,ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping