連載
2005/06/15 15:39 更新

レトロゲームが大好きだ:
「ベストプレープロ野球」で交流戦を戦ってみる

はじめまして、ゲイムマンと申します。懐かしのゲームを紹介する企画をやらせていただきます。よろしくお願いします。第1回は1988年に発売された「ベストプレープロ野球」です。

 「リアリティー」とは何か?

 グラフィックを細かく描きこんだからといって、それが即リアリティーにつながるとは限らない。むしろ、描きこめば描きこむほど、現実と違う部分が目立ってしまう。

 逆に、ファミコン時代のゲームでも、リアリティーの感じられる作品は多い。見た目ではなく、シチュエーションでリアリティーを感じさせるからだ。

 例えば、1988年に発売された「ベストプレープロ野球」(アスキー)である。

 野球ゲームといえば、「ベースボール」(任天堂)、「ファミスタ」(ナムコ)から、現代のものに至るまで、選手を直接操作するアクションゲームが主流だ。しかし「ベストプレープロ野球」は、アクション要素のないシミュレーションゲームである。

 アクションゲームではプレイヤーが1人で何人もの役をこなす。これに対し、「ベストプレープロ野球」でプレイヤーにできることは、選手に指示を出す、ピッチャーを変える、代打を出すなど、監督1人分の仕事だけ。だからこそ、選手のピッチング・バッティングをベンチで見守る、実際の監督の気持ちが追体験できる。

 シチュエーションが現実のものに近いため、グラフィックが球場全景とスコアボードしかないにもかかわらず、そこにリアリティーが感じられるのだ。

画像

写真は「ベストプレープロ野球II」。試合中の画面は、このように球場全体を見渡す画面と、スコアボード画面の計2種類。大変シンプルだ

 「ベストプレープロ野球」には、ほかの野球ゲームにない特徴がもう1つある。選手データが自由に書き換えられることだ。

 もちろん、12球団分のデータは用意されているので、それを使って公式戦を戦うこともできる。しかし、全選手のデータ……名前、守備位置、選球眼、長打力、etc.……をすべて書き換え、そのデータを使って遊ぶこともできるのだ。

 だから、17年も前のゲームであるにもかかわらず、現在の選手データでプレーすることが可能になっている(交流戦はできないが)。毎年選手データを作り直して、最新のデータでプレーしている人も実際にいるほどだ。

 最新の選手データを入れて、全チームをコンピューターに担当させれば、ペナントレースの行方も予想できる(「II」のスキップモードでは、コンピューター同士の対戦を1試合1分程度で終わらせられる)。

画像

個人成績も書き換えられるので、2軍選手のデータを作っておいて、シーズン中に1軍選手と置き換えることも可能だ

 また、架空の新球団を作って、実在のチームと対戦させるという遊びかたもある。6チームすべてを架空球団にして、オリジナルリーグを作ることもできる。

 私が「ベストプレープロ野球II」(1990年発売)にハマっていたときは、オリジナルの新球団を作って、セ・リーグ各チームと戦わせていた。

 久しぶりにソフトを起動させてみたら、当時のデータがまだ残っていた。そこで臨場感をより高めるために、現実の新球団である、東北楽天ゴールデンイーグルスの本拠地、フルキャストスタジアム宮城まで行ってみた。

画像

フルキャストスタジアム宮城は、JR仙石線・宮城野原駅から徒歩5分。球場内で販売されるお弁当の中には、牛タンやマグロステーキなど、仙台ならではの食べ物も

 おりしも交流戦、楽天VS阪神の試合前。正面ゲート前のベンチで、携帯型ファミコン互換機「ポケファミ」を使って、オリジナル球団VS阪神でプレー。続々とやってくる阪神ファンの注目を集めるが、それがかえってシンクロ感を高めていく。

 「ベストプレープロ野球II」発売当時の阪神は、最下位が定位置で、良くても5位というドン底状態だったはず。しかし我がオリジナル球団は、その阪神先発の“なかみし”(この当時はまだ選手名が実名じゃなかった)に抑え込まれ、しかも“おから”に2打席連続でホームランをぶち込まれるなど、6-2で完敗した。

画像

「ベストプレープロ野球II」の阪神選手リスト。“おから”も“たほ”も今や監督だ

 その後、球場に入って、実際の楽天VS阪神戦を見たが、下柳の好投と赤星の快走、金本の巧打により阪神が4-0で快勝。

 試合後、宿泊先でまた「ベストプレープロ野球II」をプレーしてみたが、何回やっても阪神の勝ち。現在の阪神タイガースの勢いが、ゲームにも乗り移ったのだろうか?

 新球団の監督の苦悩まで、追体験することになろうとは。

画像

ホームラン! レフトスタンドで紙吹雪が舞う

 「ベストプレープロ野球」といえば、“「ダービースタリオン」(ダビスタ)を作った薗部博之氏の作品”として語られることが多い。だが、ダビスタとはまた違った魅力を持つゲームであることは間違いない。

Copyright(C)ParityBit

取り上げてほしいなつかしゲー募集

思い出のあるゲームについて、ゲイムマンと語ってみませんか? あのゲームが好きだったのに今はもう手元にない、けどもう一度見てみたい! とか、俺が好きだったこのゲームを紹介しないなんて許せない! というあなた。是非こちらから、取り上げてほしいゲームをリクエストしてください。

[ゲイムマン,ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping