ニュース
2005/06/21 18:04 更新


闇に紛れて悪を成敗、本格時代劇アクション「必殺裏稼業」発売――元気

「風雲 幕末伝」や「剣豪」など、時代劇もののタイトルには定評のある元気から、プレイステーション 2用本格時代劇「必殺裏稼業」が発売される。今回はゲームの概要と、登場人物の一部を紹介。

 元気は、プレイステーション 2用ソフト「必殺裏家業」を、2005年秋に発売すると発表した。価格は7140円(税込)。

photo

 本作の舞台は江戸。プレイヤーは、町の診療所で医者を勤める主人公「帯刀 鏡二郎」となり、昼は診療所の若先生として、夜は依頼を受け、法では裁けぬ悪人を成敗する裏家業を行っていく本格時代劇ゲームとなっている。

 本物の時代劇さながらの必殺シーンが数多く収録されており、プレイヤーは闇に紛れて、物陰に隠れながら侵入し、障子越しや死角などから悪人を狙っていくこととなる。ちなみに登場するキャラクターごとに特徴があり、状況によってさまざまな必殺技を繰り出すことができるとのことだ。

 ちなみにストーリーは時代劇お決まりの「勧善懲悪」となっている。「風雲 幕末伝」や「剣豪」などの時代もののアクションゲームには定評のある元気からの発売ということもあり、今後の情報にも注目していてもらえればと思う。

photo

photo

photo

photo

登場キャラクター紹介

帯刀 鏡二郎(たてわき きょうじろう)

photo

photo

昼は診療所の若先生、夜は裏稼業の剣士。生と死を生業とする本作の主人公。28歳。町の診療所(兼自宅)の主で、育ての親である道順と共に生活している、養父の道順は医者としても裏の稼業としても尊敬している。正義感が強く、悪党は絶対に許さない。基本的には温厚でもの静かだが、裏稼業に挑むときは冷徹な一面も見せる

謙冶(けんじ)

photo

ぼろ寺の住職を自称(本当かどうかは誰も知らない)する酒も女も大好きな生臭坊主。40歳。口調は荒いが、人情味があり女、子供、動物には優しい。下世話な話が好きで金より相手の善悪で仕事を選ぶ。裏稼業は素手による首折りや打撃で行う

帯刀 道順(たてわき どうじゅん)

photo

鏡二郎の養父。表は診療所の漢学医、一方で裏稼業として江戸の町を支えてきた。表の稼業を隠居。裏稼業も実戦を離れて元締め役として専念。外からは隠居して悠々自適の見えるクソジジイ


photo

必殺裏稼業
対応機種プレイステーション 2
メーカー元気
ジャンル本格時代劇
発売日2005年秋予定
価格7140円(税込)
CERO18歳以上対象
(C)2005 GENKI


[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping