RBB Today 速報
2005/06/23 22:11 更新


ローズオンライン、料金体系を発表。基本料金は無料だが使える機能によって課金


 フェイスは、MMORPG「ローズオンライン」の正式サービスにあわせて採用する新料金方式「スタイルセレクト」の詳細を発表した。

 これは、自分のプレイスタイルに合わせて料金を変えられるいうもの。

 最初の星「ジュノン」でNPCからクエストを受けたり、ショップで買い物したり、他のプレイヤーとチャットすることができる「フリープレイ」は無料。「ジュノン」「ルナー」「エルダン」の3惑星で戦闘を楽しむことができる「エントリー」は月額840円。「コミュニティ」はフレンドリスト・チャットルームが使用でき、月額210円。このように、使用する機能によって料金が変化するのだ。

  • 「フリープレイ」

 料金:無料

 最初の星「ジュノン」でNPCからクエストを受けたり、ショップで買い物できる。

  • 「エントリー」

 料金:月額840円

 「ジュノン」「ルナー」「エルダン」の3惑星で戦闘を楽しむことができる。パーティーやクランの機能も利用できる

  • 「コミュニティ」

 料金:月額210円

 フレンドリスト・チャットルームが使用可能。

  • 「トレード」

 料金:月額315円

 ほかのプレイヤーとアイテムの取引や個人ショップの開設が可能。

  • 「ストックスペース」

 料金:月額210円

 倉庫にアイテムやジュリーを出し入れすることができる。

  • 「エキストラストック」

 料金:月額210円

 倉庫の利用スペースが三倍の広さに拡張される。

  • 「ダンジョンアドベンチャー」

 料金:月額210円

 「ジュノン」以外のダンジョンマップを冒険することができ行動範囲が広がる。

  • 「エキストラキャラクター」

 料金:月額210円

 通常3体までのキャラクターを5体まで作成・使用することができる。

 これらのオプションはセットになったものもあり、「ライト」はフリープレイ+エントリーが、「ベーシックはフリープレイ+エントリー+コミュニティ+トレードが、「コンプリート」はすべてのオプションがひとまとめになっている。プレイスタイルに応じて課金の額が変えられるわけで、これまでにない斬新な課金スタイルといえるだろう。課金にはWebMoneyが使用可能となる予定。

 「ローズオンライン」は惑星規模の冒険を楽しめるMMORPG。2004年9月よりβテストが開始され、累積登録者は約30万人に達するとのこと。

[記事提供:RBB TODAY]


-PR-Game Shopping