RBB Today ニュース
2005/06/28 20:39 更新


2005年の「ミュー 〜奇蹟の大地〜」はこう変わる― Webzen金雲衡氏が明らかに


 MMORPG「ミュー 〜奇蹟の大地〜」の2005年のアップデートプランが、開発元であるWebzen社プロデューサー 金雲衡(キム・ウンヒョン)氏より明らかにされた。MU WORLD WAR実装にあわせて行われたプレスカンファレンスの席上、発表されたもので、MU WORLD WARのあと、新規プレイヤー向けのアップデートと、新ワールドの実装が予定されているという。

 2005年の開発概要は以下のとおり。

■MU World War アップデート

 ・大規模戦闘イベント

 ・より緊密なコミュニティの形成

■初心者中心のアップデート

 ・日本のユーザの希望である、初心者ユーザ中心の内容

 ・NPC「Shadow Phantom」の登場。

  攻撃・防御の向上、魔法の付与

 ・より簡単なアイテムの獲得

 ・より安全な冒険

  スピード回復アイテム(一気に回復するようになる)/ 自動回復(街以外でも回復)

 ・街名表示(どこからどこへ移動するかを表示)

■新ワールド追加

 ・「Cry woolf要塞」と「AIDAワールド」追加

 ・「Hiddenカルリマ」追加(入る条件や内部については非公開)

 ・新モンスター

 ・新高級アイテム

 今後のアップデートプランについてキム氏は、「半年に1つずつぐらいのペース」でアップデートを導入すると述べ、今後もコンスタントな開発を継続していく意向を明らかにした。

[記事提供:RBB TODAY]


-PR-Game Shopping