ニュース
2005/06/29 19:35 更新


ついに舞台はヨーロッパ全土に――「WORLD CLUB Champion Football European Clubs 2004-2005」稼動開始

アーケードゲームとトレーディングカードの融合を確立した「WORLD CLUB Champion Football」シリーズの最新作が登場。舞台がヨーロッパの4大リーグとなった点や、2部制の導入など、まさにフルリニューアルと呼ぶにふさわしい進化を遂げた。

 セガは、アーケードゲームとトレーディングカードの融合というジャンルを確立した先駆者ともいえる「WORLD CLUB Champion Football(WCCF)」シリーズの最新作として「WCCF Football European Clubs 2004-2005」を、本日(6月29日)より稼動開始したと発表した。

photo

フルリニューアルした「WCCF Football European Clubs 2004-2005」は、筐体も白と赤を基調としたカラーリングに一新!


 「WCCF」は、2002年7月に第1作目が登場。プレイフィールド上に実在の選手がプリントされたトレーディングカードを配置し、そのカード配置をフォーメーションに見立てて遊ぶというサッカーゲームだ。

photo

 選手のトレーディングカード制作は、スポーツトレーディングカードの世界的トップメーカーであるイタリアのPaniniと提携しており、カードクオリティの高さ、という点でも特徴を持っている。

photo

ロナウジーニョ選手

photo

アイマール選手

photo

小野伸二選手

 最新作となる「WCCF Football European Clubs 2004-2005」では、前作までの舞台であるイタリア(セリエA)から、スペイン、イングランド、オランダを含む欧州の4大リーグへと拡大。登場チームは全14チームとなっており、もちろん前作までの選手カードも使用可能だ。

チーム名
イタリアインテル
ユベントス
A.C.ミラン
ASローマ
スペインFCバルセロナ
ディポルティボ
バレンシア
イングランドマンチェスター・ユナイテッド
チェルシー
リバプール
アーセナル
オランダアヤックス
フェイエノールト
PSVアイントホーフェン

 また、選手AIが再調整されており、さらに本物のサッカーらしい動きを再現しているほか、シリーズ初となる選手独自のゴールパフォーマンスやモーションが多数追加されているとのこと。

photo

 ちなみに本作より、上級者向けでCPUチームのレベルも高い「Division 1」、初心者向けでCPUチームのレベルが低い「Division 2」といったように、レギュラーリーグの2部制が導入されている。

 これに伴い、Division 1で7位・8位となるとDivision 2に降格し、Division 2で1位・2位になるとDivision 1に昇格する、というクラブの昇格/降格が発生するようになっているとのこと。

 「WCCF」のように、プレイすればするほど強くなれるというタイトルの場合、長くやっている人が有利になる、ということもあったのだが、これにより初心者も安心して腕を磨くことができるようになったと言えるだろう。

 他にもALL.Net対応により「店舗大会→エリア大会→全国大会」がネットワーク上で実現可能になったことが明らかにされている。これにより各店舗での大会を制したチャンピオンのチームデータがサーバーに集結、エリア大会以降はチームデータ同士が熱い対戦を展開し、週に一度は全国No.1チームを決定する、といったことが可能になったとのこと。

 なお、エリア大会と全国大会の模様はメインモニターで中継される。CPU化されたチームデータ同士の戦いとは言え、選手の配置など勉強になることは多いはずなので、ぜひこちらにも注目してもらえればと思う。

photo
WORLD CLUB Champion Football European Clubs 2004-2005
ジャンルスポーツカードゲーム
メーカーセガ
サテライト数8サテライト
プレイ料金1プレイ300円
2プレイ500円
稼働日稼動中
その他ICカード対応/トレーディングカード/ALL.Net対応
(C) SEGA, 2002, 2005
(C)Panini 2005


[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping