速報
2005/07/21 15:45 更新


新「たまごっち」販売数が1000万個突破

大量在庫をかかえた初代の反省を生かし、新「たまごっち」はCTO(チーフたまごっちオフィサー)が企画や販売を統括。世界中でヒットした。

 バンダイは7月21日、携帯型デジタルペット育成ゲーム「たまごっちプラス」シリーズの世界累計販売数が、7月末に1000万個を超える見込みだと発表した。

photo

「かえってきた!たまごっちプラス」(C)BANDAI-WiZ2004

 昨年3月に発売した「かえってきた!たまごっちプラス」と、同11月に発売した「祝ケータイかいツー!たまごっちプラス」の累計出荷数が1000万個を突破しそうだという。

 このうち600万個が海外での売り上げ。昨年5月から欧州、アジア地域を皮切りに、44カ国・地域で英語版を販売してきた。

 同社は人気の要因を、赤外線通信機能を活用したコミュニケーション機能にあると分析。小学生500人を対象にしたアンケート調査でも、友達と通信してゲームやおみやげ交換するのが一番楽しいとの結果が出たという。

yu_tamago2.jpg

 初代たまごっちは1996年11月に発売。国内外で累計4000万個を販売し、偽物が出回るほどの大ブームになった一方、ブーム後期に過剰な在庫を抱えてバンダイの経営を圧迫した。たまごっち復活にあたり、同社は「CTO」(チーフたまごっちオフィサー)を設置。開発・販売戦略を統括。再びの大ヒットにつながった。

[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping