ニュース
2005/08/01 00:00 更新


これまでにないフライトゲームを――「ワールドエアフォース(仮)」Xbox 360にて登場

「エアフォース」の名を受け継ぎながら、続編ではない、世界最高のフライトゲームとして開発が行われているタイトルがXbox 360に登場する。その名は「ワールドエアフォース(仮)」。今回は次世代機の性能をいかしたグラフィック画面を公開する。

 タイトーは、Xbox 360用ソフトとして、フライトゲーム「ワールドエアフォース(仮)」を発売予定であると発表した。価格は未定。

 「エアフォース」の名を受け継いでいる本作だが、ただの続編ではなく、だれも見たことのない、ゲーム性とリアリティ性を両方兼ね備えた、世界最高のフライトゲームとして開発が進められているとのことだ。

 本作において、主人公は戦闘機パイロットとなり、戦闘機同士の空中戦をはじめ、対地上物への攻撃、敵艦へのミサイル攻撃と多種多様な敵に対して、ミッションブリーフィングを受け、機体や兵装などを選びながら、全世界で起こる数々のミッションを遂行していくこととなる。

photo

機内の仮画面。実際のゲームではもっとリアルな画面となるとのことだが、すでにすべての計器類は可動している

 このように書いてしまうと、これまでのフライトゲームと変わらない、とも思えるが、次世代ゲーム機Xbox 360を使用した高度なグラフィック画面により、プレーヤーはあたかも自分がパイロットになったような感覚を得ることができるとのことだ。

 では、その“高度なグラフィック画面”を、解説を交えながら紹介していこうと思う。なお、これから紹介するのは、開発中とはいえ、すべて実際のゲーム画面となる。リプレイやムービー、ましては実写ではないことを、あらかじめお伝えしておく。

photo

機体下面、機体装甲の一枚一枚の繋ぎ目やミサイルなどの装備のリアリティさ、そして太陽光を受けて光る機体面に注目! さらに言えば、この距離でも点ではなく、ハッキリと敵機を視認することができる


photo

基地を離陸する戦闘機。背景も実機も、実写と区別のつかないクオリティが実現


photo

高度を高く上昇し飛行する戦闘機。現実と同じように、どこまでが空で、どこからが雲か解らなくなるくらいに溶け込んでいる空が表現されている


photo

北方の大地を背景飛ぶ戦闘機の2機編隊。背景にはクッキリと山や谷、そして手前を飛ぶ雲がリアルに表現されている


photo

ドグファイトに入る戦闘機。急旋回時に入ると翼先端からの水蒸気を吐きつつ、実機のように機動するとのことだ


 今回はグラフィックを中心に紹介を行ってきたが、タイトーとしては「これはまだ(本作の魅力の)序章にすぎない」とのことだ。今後は、シナリオやミッションなど、今回触れることができなかった部分が明らかになってくるはずなので、ぜひ続報に期待してもらえればと思う。

photo

今後の情報に、こうご期待!

ワールドエアフォース(仮)
対応機種Xbox 360
メーカータイトー
ジャンル戦闘機シミュレーション
発売日2005年冬予定
価格未定
(C)TAITO CORP.2005
画像は開発中のものです。

[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping