ニュース
2005/08/06 00:00 更新


極限まで再現された4つのリアル――「コール オブ デューティー:ファイネスト アワー」

カプコンから、第2次世界大戦を舞台に、名もなき英雄たちの活躍を描いた本格派FPS「コール オブ デューティー:ファイネスト アワー」が登場する。3つの戦線、全19ミッションを、小隊の一兵士であるアナタは生き残ることができるか?

 カプコンは、第2次世界大戦(WWII)を舞台に、名もなき英雄たちの活躍を描いた本格派FPS「コール オブ デューティー:ファイネスト アワー」を、プレイステーション 2とXboxにて、2005年10月27日に発売予定であると発表した。価格は7140円(税込)。

photo

 本作には、「ロシア戦線」、「北アフリカ戦線」、「ヨーロッパ戦線」の3つの戦線で繰り広げられる全19ミッションが用意されている。プレーヤーはアメリカ、イギリス、ソ連、いずれかの小隊の一兵士となって、仲間とのチームワークで戦況打開を目指していくこととなるのだ。

 なお、本作の特徴としては、多数の兵士による突撃シーンの再現や、老朽化した建物の質感を忠実に表現した「視覚のリアル」、空を飛び交う戦闘機や、その機銃が足をかすめる着弾、兆弾の反響音、そして戦車の機械音などの「音響のリアル」、各国が実際にWWIIで使用していたものを、見た目だけでなく性能までも再現した「武器・兵器のリアル」、そして掛け声と共に射撃を始める兵士や、味方のために機銃の嵐の中を突撃する兵士などの「戦友のリアル」といった4つのリアルが挙げられる。

photo

地下水路を再現した「視覚のリアル」


photo

本当に機銃を撃っているかのように感じる「音響のリアル」


photo

見た目も性能も再現された「武器・兵器のリアル」


photo

ともに戦っていることを感じることができる「戦友のリアル」


 また、ゲームの音楽には、「Mr.インクレディブル」などを手がけた映画音楽家「マイケル・ジアッキノ氏」が起用されており、4つのリアルとともに、さらにゲームを盛り上げる役を担ってくれているとのことだ。

photo

コール オブ デューティー:ファイネスト アワー
対応機種プレイステーション 2/Xbox
メーカーカプコン
ジャンルWWIIFPS(ファーストパーソンシューティング)
発売日2005年10月27日予定
価格7140円(税込)
(C) 2005 Activision, Inc. Activision is a registered trademark and Call of Duty and Call of Duty: Finest Hour are trademarks of Activision, Inc.
All rights reserved.


[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping