特集
2005/08/09 12:44 更新

「beatmaniaIIDX」初心者応援企画その1:
はじめてのびーとまにあ 〜ゲームスタート編〜

先日稼働しだした「beatmaniaIIDX」だが、なにもうまい人だけが楽しむものじゃない! 超絶プレイの上級者を目の当たりにして、ちょっと怯んでいる初心者さんを応援する企画をお送りします。

 先日お伝えした通り、ついに稼働を開始した「beatmaniaIIDX」シリーズの最新作「IIDX12 HAPPY SKY」。早くも全国のゲームセンターで絶大な人気を誇っている本作だが、「beatmaniaIIDX」は、なにもうまい人だけが楽しむものではない。そこで、ITmedia Gamesでは、プレイしてみたいけど、超絶プレイの上級者を目の当たりにして、ちょっと怯んでいる初心者さんを応援する企画をお送りする。

wk_0809beat00.jpg

真穂ちゃんにプレイしてもらいましょう

 今回、この「beatmaniaIIDX」初心者応援企画をお送りするにあたり、実際に初心者さんにプレイしてもらいながら、ゲームの流れを理解してもらおうということで、真穂ちゃん(普通の大学生)に手伝ってもらうことにした。彼女は「ダンスダンスレボリューション」はやったことがあるものの、「beatmaniaIIDX」シリーズはまったくやったことがないとか。そんな彼女がきちんとゲームセンターでプレイできるようになるまで、きっちりフォローする!

wk_0809beat01.jpg

笑顔がまぶしい真穂ちゃん。ゲームはそこそこ遊ぶけど、「beatmania」は完全に初プレイ。これを読んでいる初心者さんも、そんな彼女と一緒にゲームセンターデビューを目指そう!

 さて、まずはゲームを始めるわけだが、初心者さんはゲームの始め方もわからないかもしれない。ずら〜っと並んだ曲名に右往左往してしまったという人もいるのではないだろうか。そこで、ここでは、お金を入れてから、実際に「BEGINNER」モードをプレイするまでの流れを、真穂ちゃんと一緒に追っていってみよう。

1.左でやる? 右でやる?

 「beatmaniaIIDX」シリーズにおいて、1P側(左側)と2P側(右側)では、微妙にプレイ感覚が違う。というのも、1P側ではスクラッチが左側に、2P側ではスクラッチが右側に付いているからだ。もちろん、どちらでプレイするかはプレーヤーの自由。ただ、右利きの人ならば、単純操作のスクラッチを左手、複雑な操作が必要な場合もある鍵盤操作を右手(利き手)でプレイできる1P側を選んでおくのが無難だろう(左利きならその逆になる)。もちろん、人それぞれやりやすい側があるとは思うので、実際に触れてみて、ちょっと試してみるといいかもしれない。

wk_0809beat02.jpg

最初のうちは複雑な操作を要求されることはないので、フィーリングで1P側か2P側かを決めてもいいだろう

2.早速お金を投入してゲームスタート

 ゲームセンターでゲームをプレイするには、まずはお金を投入しないと始まらない。基本的に「beatmaniaIIDX」シリーズは200円で1プレイとなっているが、お店によっては100円の場合もあるので、実際に自分の行くゲームセンターでしっかり確認しよう。そして、お金を投入したら、スタートボタンを押していよいよゲームスタートだ。

wk_0809beat03.jpg

1P側のスタートボタンは筐体のココにある。2P側のスタートボタンは右側にあるので、間違えないように

wk_0809beat04.jpg

ちなみに、彼女がいじっているのは、エコーなどの各種音響効果を設定できるレバーだ。最初のうちは特にいじらないほうがいいだろう

3.まずは「BEGINNER」モードで練習

 ゲームをスタートすると、2P側の参加者受付中の画面、そしてカード投入画面になる。今回は、1人プレイで、エントリーカードも持っていないので、スタートボタンで飛ばして先に進もう。

wk_0809beat05.jpg

2P側の参加者受付&エントリーカードの受付画面。今回は1人プレイでカードも持っていないので、さっさと先に進んでしまってOK

 次に進むと、今度はモード選択の画面へ。スクラッチで遊びたいモードを選んで、白鍵盤or黒鍵盤でスタートとなる。まずは、初心者のための「BEGINNER」モードを選ぼう。「BEGINNER」は、簡単な譜面の曲ばかりなうえに、クリアできなくても3曲遊べるという、まさに初心者のためのモードとなっている。

wk_0809beat06.jpg

モード選択では、最初に「BEGINNER」にカーソルが合っている。そのままボタンを押せば、「BEGINNER」モードが始まる

4.演奏する曲の選択

 続いては、実際に演奏する曲を選択することになる。なお、右側にずら〜っと並んでいるのが曲の一覧だ。「BEGINNER」モードでは、一番簡単なレベル1の曲しかないので、どれを選んでもいいだろう。ジャンルや、アーティスト名、BPM(曲の速さ)などのデータを見て、自分の好きそうなジャンルの曲なんかを選んでおくと無難だ。モード選択と同様に、スクラッチでカーソルを上下させて、白鍵盤or黒鍵盤で曲を選ぶ。

wk_0809beat07.jpg

ちなみに、曲名が黄色く表示されているものは、今回の「IIDX12 HAPPY SKY」で導入された新曲となっている。なお、カーソルを合わせている曲のデータが画面の左側に大きく表示されるので、ここも参考にしよう

5.いよいよ演奏開始!

 遊びたい曲を選ぶと、ついにゲームがスタート! 画面上部から落ちてくるオブジェクトに合わせて、スクラッチと7つの鍵盤を操作しよう。スクラッチに関しては、落ちてくるオブジェクトに合わせて、上もしくは下にキュッっと動かせばOK。連続して落ちてくる場合には、上下にキュッキュッと動かそう。そして、7つの鍵盤についても、やはり落ちてくるオブジェクトと同じラインのボタン(鍵盤)を押すだけ。プレイしてみればわかると思うが、直感的にどこを押せばいいのかわかるようになっているので、実際に操作してみてほしい。あとは曲が終了するときに、「BEGINNER」モードではグルーヴゲージが60%以上となっていればクリアとなる(クリアできなくても3曲遊べる)。なお、実際に曲をプレイする際の注意事項などは、また次回お送りする。

wk_0809beat08.jpg

wk_0809beat09.jpg

懸命にスクラッチと鍵盤を駆使して曲を演奏する真穂ちゃん。はたして、その結果は……? 次回に続く!

次回予告!

 「beatmaniaIIDX」の真理を追究するために(?)、ついに走り出した真穂ちゃん。次回は実際に曲を演奏する際の注意事項や、彼女が「BEGINNER」モードを卒業して「STANDARD」モードに挑戦する模様をお届けする。次回、『「beatmaniaIIDX」初心者応援企画その2 はじめてのびーとまにあ 〜そして「STANDARD」モードへ編〜』にご期待下さい!!

beatmaniaIIDX12 HAPPY SKY
対応機種アーケード
メーカーコナミ
ジャンルDJシミュレーション
稼働日2005年7月13日より
プレイ人数1〜2人
(C)1999 2005 KONAMI


[野原生好,ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping