ニュース
2005/08/12 00:00 更新


「ロックマンDASH2 エピソード2 大いなる遺産」のストーリーを振り返る

カプコンが、2005年9月8日に発売を予定しているPSP版「ロックマンDASH2 エピソード2 大いなる遺産」。今回はストーリーを中心に、本作におけるロックの目的や、立ちはだかる謎の少女や、空賊たちを紹介する。

 カプコンが、2005年9月8日に発売を予定しているPSP版「ロックマンDASH2 エピソード2 大いなる遺産」。今回は本作のストーリーをおさらいしてみようと思う。PS版ですでにプレイ済の人はもちろん、まだプレイしたことがないという人はしっかりとチェックしてもらいたい。


 はるか未来、大陸のほとんどが海に沈んだ地球…。かつての文明を忘却の彼方へ追いやるかのように、人々は残された大地で独自の文化を形成し、生活を営んでいた。そんな人々を支えるのが、ディグアウター達である。彼らは、古代文明の遺跡を発掘し、そこからディフレクターと呼ばれるエネルギー源を採集する。彼らなくしてこの世界が成立しないと言っても、過言ではない。
 ロックとロールは、そんなディグアウターを生業とし、「大いなる遺産」の謎を追いかけ世界を旅していた。行方不明であるロールの両親に、いつか再び会えることを願って。多くのディグアウター達の夢である「大いなる遺産」だが、それが何であるかを知る者は誰もいない。ディフレクターに代わる、無限の力をもつ新エネルギーだという説が一番有力であるのだが・・・。
 事業家のウェルナー・フォン・ミュラーは、その説を最初に唱えた人物である。彼は、やがて枯渇するであろうディフレクターに代わるものとして、これに注目。人類の未来のために、大掛かりなプロジェクトを起ちあげた。
 「大いなる遺産」があると噂されながらも、誰も踏み込むことができなかった「禁断の地」に、全財産をかけて建造した巨大飛空船(サルファーボトム号)で乗り込もうというのだ。船内で記者発表が行われるそんな中、一人の女性が現れた。白いリーバードを引き連れて…。「大いなる遺産」をめぐる冒険は、ここから始まる。

 本作では、この「大いなる遺産」を入手するために必要な4つの「封印のカギ」を求め、さまざまな人物が動き出す。ロックとロール、遺産に関わりがありそうな謎の少女たち、そして「ボーン一家」、「ボーラ&バンコスカス兄弟」、「グライド&シタッパー」といった空賊たち……。

photo

「大いなる遺産」を手に入れるための「封印のカギ」を集めるロック


photo

ミュラーのサルファーボトム号船内で保護されていた少女「セラ」が目覚める


photo

「禁断の地」にあるドロップシップ号で眠っていた少女「ユーナ」とロールの母親「マチルダ」に似ている女性がロックの前に現れる


 時には手を組み、ロックに次々と攻撃を仕掛けてくる空賊たちに打ち勝ちながら、封印のカギ、さらにはその先にある「大いなる遺産」を目指そう!

photo

ティーゼルとトロン


photo

さらにはグライドまで。空賊連合が次々とロックを襲い掛かる


photo

だが、場合によっては、ロックとコブンといったように敵と協力することもある


 とは言え、戦闘ばかりやっていては疲れてしまうだろう。そんな時はミニゲームでひと息入れたい。本作では「ダッシュシューズ」を手に入れることで、サーキットに挑戦することができる。早く走れば賞金も出るので、ひと息+賞金稼ぎをかねてぜひとも挑戦してもらいたい。

photo

ミニゲームとは言え、熱くなりすぎると戦闘以上に疲れるかも……


ロックマンDASH2 エピソード2 大いなる遺産
対応機種PSP
メーカーカプコン
ジャンルフリーランニングRPG
発売日2005年9月8日予定
価格3990円(税込)
(C)CAPCOM CO.,LTD. 2000,2005 ALL RIGHTS RESERVED.


[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping