ニュース
2005/08/18 16:00 更新


エレクトロニック・アーツ、デフ・ジャムとの契約を更新――「Def Jam 3」を開発中


 エレクトロニック・アーツ(以下、EA)は、米国の大手音楽レーベルであるデフ・ジャム・エンタープライゼスとの契約を更新し、次世代ゲーム機対応の最新作として「Def Jam 3(仮称)」を開発中であると発表した。

 契約更新後初のタイトルとなる「Def Jam 3」は、過去に発売された「デフ・ジャム ヴェンデッタ」や「デフ・ジャム ファイト・フォー・ニューヨーク」と同様に、都会のライフスタイルとヒップホップ・カルチャーをストリート・ファイトと融合させた、アクション要素満載の格闘ゲームとなるとのこと。

 なお、今回の契約更新にあたり、EAの会長兼CEOのラリー・プロブスト氏は「EAとデフ・ジャムは、ともにエンタテインメント業界有数のトップブランドです。今回の契約更新により、この2つの最強ブランドのコラボレーションが次世代機ゲームでも実現することを、非常に嬉しく思っています」とコメント。

 また、デフ・ジャム・エンタープライゼスの社長兼CEOで、ワーナー・ミュージック・グループのエグゼクティブ・バイスプレジデントでもあるケヴィン・ライルズ氏は「このパートナーシップは、デフ・ジャムとEAがエンタテインメント分野の進化を促進する上で、非常に重要なものです。ゲーム業界に無限の可能性をもたらすことが期待される次世代ゲーム機で、EA と共に革新的なゲームを提供していくことをお約束致します」と述べている。

[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping