ニュース
2005/08/19 16:09 更新


敵は65535体の大群! 元気から「戦神-いくさがみ-」

戦国時代を舞台に、数万の魔物を相手に斬って斬って斬りまくる“群れぶった斬りアクション”が元気から11月24日に発売を予定。一騎当千なんて軽く凌駕するその内容は?
wk_0819ikusa01.jpg

 元気は、戦国時代を舞台にした“群れぶった斬りアクション”「戦神-いくさがみ-」をプレイステーション 2用ソフトとして、2005年11月24日に発売する。価格は7140円(税込)。

 「戦神-いくさがみ-」は、その圧倒的な数で寄せ来る魔物を、数百単位で薙いでいく爽快感を味わえ、敵味方合わせて最大65535体が蠢く戦場を駆け抜けることができる。

 主人公は、人間に襲い掛かる魔物を退治するため、戦神・建御名方命(タケミナカタノミコト)から召還された人ならざるもの「犬神」となり、「川中島の戦い」や「桶狭間の戦い」など歴史的にも有名な戦国時代の合戦など、全国各地を調伏していく。

 プレイステーション 2の持つ描写能力限界まで引き出した新描写エンジンの開発により、数千数万と群れなす魔物を、数百単位で払い斬ることも可能になっている。剣術を駆使して操る連撃アクションも、簡単に数百数千のコンボをたたき出すことができ、腕次第では無限にコンボを続けることも可能となる。

wk_0819ikusa02.jpg

剣術や必殺技、アイテム、仲間となる人間との戦術も重要な要素

wk_0819ikusa11.jpg

燃えさかる城が戦場となることも

ストーリーとキャラクター

 西暦1543年。足利幕府の権力が衰え、日本全土が戦国の世に突入して各地が戦火で荒れる中、武田信玄が治める信州・諏訪湖から突如魔物の群れが出現した。魔物達はじわじわと進出し、各地の人々を喰らうようになった。

 戦国大名達は群雄割拠の時代を見据えつつも、これら魔物を撃退していたが、次第に力を増大させていく魔物に苦戦を強いられ、自分たちの所領を守る必要に迫られていた。

 そんな折り、尾張の小大名、織田信長の前に、社(やしろ)で祭られている戦神・建御名方命(タケミナカタノミコト)の使いとして、巫女“八坂 葵”と人の世の者ではない “犬神”が現れた……。

wk_0819ikusa03.jpg
犬神(いぬがみ)
全国に点在する魔物の勢力を封印するため、戦神・建御名方命の使いとして現れた
wk_0819ikusa04.jpg
八坂 葵(やさか あおい)
戦神・建御名方命が祀られている社に仕える巫女。魔物から人々を救うために「犬神」と行動を共にする

wk_0819ikusa05.jpg

ゆるやかに傾斜する隘路には、見える範囲すべて魔物がひしめいている。こんなところに斬り込んでいくのは異能のモノでないと御免被る

wk_0819ikusa06.jpg

人間対魔物が激突。飛び交う光は、人間が放った矢

wk_0819ikusa07.jpg

非力な人間に荷担することで、彼は何を得るのか……。犬神が剣を振るう範囲の魔物が消滅

wk_0819ikusa08.jpg

かるーく千体を突破。狭い道を隊をなして迫り来る魔物を効率よく潰していく

wk_0819ikusa09.jpg

連撃が続き、すでに2000体突破。右上のミニマップを見てもらうとわかるとおり、一面魔物を表す赤い点で埋め尽くされている。まだまだコンボをつなげていける

wk_0819ikusa10.jpg

必殺技で魔物を駆逐。戦術に合わせてここという時に業火で焼き尽くせ!

戦神-いくさがみ-
対応機種プレイステーション 2
メーカー元気
ジャンル群れぶった斬りアクション
発売日2005 年11月24日
価格7140円(税込)
(C)2005 GENKI ※画面は開発中のものです。


[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping