ニュース
2005/08/19 20:49 更新


バンダイ、アクションドラマ「GARO」の製作に参加――フィギュアやゲームなどの商品を展開


 バンダイは、2005年10月7日より放送開始される、20〜30代をターゲットにした特撮ドラマ番組「GARO(仮称)」の製作に参加し、フィギュアやゲームソフトなどの商品展開を行っていくことを明らかにした。

 バンダイではこれまで、子供向けのキャラクターや、長期間に渡り展開することでファン層が2〜3世代に拡大したキャラクターが主軸となっていたが、近年、20〜30代をメインターゲットとしたフィギュアやゲームソフト、コレクションアイテムなどの商品人気も高く、キャラクターラインナップの柱の1つとして確立されていることに注目。

 「GARO(仮称)」は、このような背景を受けて、かつて特撮番組やアニメ番組で育った層をメインターゲットに、クオリティの高い番組・商品展開を行っていくと発表している。

 なお、「GARO(仮称)」の原作・総監督には雨宮慶太氏を起用しており、テレビシリーズでは類を見ないVFX(VISUAL SPECIAL EFFECT)やワイヤーアクションなど、ハリウッドスタントの最新技術と、日本の殺陣を融合した本格的なアクションを実現し、独特の世界観を作り上げているとのことだ。

 ちなみに、明日(8月20日)より幕張メッセにて開催される「C3×HOBBY 2005」のバンダイブースでは、番組制作にも使用されている魔戒騎士「ガロ」の黄金の鎧などが展示される予定となっている。会場に出向いた際には、ぜひこちらもチェックしてもらえればと思う。

photo

魔戒騎士「ガロ」

GARO(仮称)
放映日2005年10月7日よりテレビ東京・深夜1時30分予定(1話30分完結・全25話)
原作・総監督雨宮慶太(代表作:「ゼイラム」シリーズ)
企画・製作Project GARO
製作委員会参加企業バンダイ、東北新社、テレビ東京 ほか

[ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping