ニュース
2005/09/03 00:45 更新

第43回アミューズメントマシンショー:
セガ、最新アーケード基板「リンドバーグ」を発表

幕張メッセにて開催されている「第43回アミューズメントマシンショー(AMショー)」が、9月3日一般公開される。行く人も行かない人もまずはご覧ください。

幕張メッセにて開催されている「第43回アミューズメントマシンショー(AMショー)」が、9月3日一般公開される。行く人も行かない人もまずはご覧ください。

鈴木裕氏プロデュースの「ψφ PSY-PHI」がプレイ可能

 セガは9月1日に次世代業務用汎用CG基板「リンドバーグ」(LINDBERGH)を発表した。HTテクノロジ対応Pentium4を搭載したPCベースの新基板で、GPUはnVidia社製(型番は非公開)。詳細の仕様は以下の通り。

CPUHT テクノロジ対応 インテル Pentium 4 プロセッサ 3GHz
メモリ184pin DDR SD-RAM PC3200 512MB×2(Dual)
GPUNVIDIA製 GPU搭載
256bit幅 GDDR3 メモリ256MB搭載
Vertex Shader 3.0. Pixel Shader 3.0対応
同じ映像でも異なる映像でも2画面出力が可能(解像度設定も別々に可能)
サウンド3Dオーディオシンセサイザーチップを搭載
最大発音数:64音
5.1ch出力対応
入出力ビデオ:アナログ出力アナログ D-Sub15pin、
アナログ/デジタル出力 DVI-I端子の2出力
サウンド:5.1ch(フロント2chはRCAコネクタ使用)、SP-DIF(光出力)
LAN:On board 10/100/1000 BASE-TX
業務用ゲーム入出力:JVS I/Oコネクタ
シリアル:2ch(1chは232Cと422の切り替え可能)
USB 2.0 × 4port
その他業務用オリジナルセキュリティ機能
アプリケーション供給:DVD
ALL.Net接続対応の通信機能を標準サポート

 発表された対応タイトルは5タイトル。AMショーで実機展示されている「ψφ PSY-PHI」と、メインステージ上でビデオ上映されている4タイトルだ。

wk_0903am01.jpg
ψφ PSY-PHI

 かの鈴木裕氏が久々に手がけるアーケードタイトル。操作はなんとタッチパネルだけでレバーもボタンもない新しい感覚の対戦アクションシューティング。相手をタッチして攻撃、長押しで強力な攻撃など、簡単操作で楽しめるのが面白い。また、パワーゲージをためて、画面中央の必殺技表示をタッチし、画面上の図形を描くことで様々な必殺技が繰り出せる。ただし、時間内に描けないとゲージは0になってしまうから要注意だ。また、ICカードシステムに対応し、キャラのカスタマイズなども可能だ。

 来年春稼動予定。

wk_0903am02.jpg

これがゲーム画面。画面端の矢印でプレイヤー移動、敵をタッチしてショット(長押しでホーミング)、自分をタッチして敵弾の反射とゲージためなど直感的な操作がほとんど

wk_0903am03.jpg

キャラクターのアップ。AMショーバージョンでは5人から選択可能

(C)SEGA Corporation

「バーチャファイター5」

 2001年の「バーチャファイター4」から4年、新たなナンバーのバーチャファイターが登場する。AMショーでのビデオ出展では中国拳法系のキャラと覆面レスラー(ルチャリブレ?)が登場した。なお、「VF4 Final Tune」に登場した15キャラクターは全員登場している。 エグゼクティブプロデューサーの片岡洋氏は「スポーツの世界のようにスター選手がいて、試合をTV観戦して盛り上がる……そんなシーンを作っていきたいと考えています」と語っている。VF5が産み出す新たなムーブメントに注目したい。稼動時期は未定。

wk_0903am04.jpg
リンドバーグのマシンパワーで衣服の表現がリアルになっているのがわかる。光源処理なども写実的に表現
wk_0903am05.jpg
VF4にも地下格闘場のステージは存在したが映像表現は「VF4」の比ではない。ちなみに今回も鷹嵐は更迭気味
(C)SEGA, 2005

「ザ・ハウス・オブ・ザ・デッド4」

 セガの人気ガンシューティングシリーズ第4弾。ヨーロッパを舞台にゾンビとの絶望的な戦いが繰り広げられる。ガンコントローラには加速度センサーが付き、ゾンビにつかまったときはガンを振って切り抜けることが出来る。武器はマシンガンと手榴弾になった。今冬稼動予定。

wk_0903am08.jpg
ボスキャラらしい巨大なゾンビ。舌のぬめり感の表現が凄い。夢に出そう
wk_0903am09.jpg
62インチのワイド大画面に群がる、無数のゾンビをマシンガンでなぎ倒せ! 
(C)SEGA, 2005

「パワースマッシュ3」

 簡単操作でプロ並みのプレイが楽しめるテニスゲームが久々に登場。選手の筋肉の動きや空気感をリンドバーグの描画能力で表現している。もちろん、選手は世界のトッププロたち。

 稼動時期未定。

wk_0903am10.jpg
一見すると、過去の作品とそれほど変わらない、と言われそうな通常画面だが……
wk_0903am11.jpg
選手の画像はこちら。あまりにもリアルな出来に脱帽。ちなみに、こいつには注釈が付いていて「実際のゲーム画面です。レンダリングCGではありません」というからすごい
(C) SEGA Corporation

「アフターバーナー(仮称)」

 あのアフターバーナーがゲーム内容はそのままに3D化して再登場する。そのグラフィックは某SEGA AGES版を軽く凌ぐ(んなのと比べるな、と言われそうだが……)。

wk_0903am12.jpg

wk_0903am13.jpg
今回提供された画像はデモの画面のみ。このレベルのモデルがあのスピード感で迫り来るのだ。実際のゲーム画面はAMショー会場で!
(C)SEGA, 2005
Produced under license from Boeing Management Company.
Produced under license from Northrop Grumman Systems Corporation.


[岩井省吾,ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping