ニュース
2005/09/18 15:11 更新

東京ゲームショウ2005――セガブース:
「BLEACH」声優イベントに黒山の人だかり

最終日を迎えた18日、東京ゲームショウ2005のセガブース特設ステージに「BLEACH」の声優3人が登場。対戦などで盛り上がった。

 最終日を迎えた18日、東京ゲームショウ2005のセガブース特設ステージにおいて、「SEGA×BLEACH」プロジェクトと題して、「BLEACH」の黒崎一護役の森田成一さん、朽木白哉役の置鮎龍太郎さん、市丸ギン役の遊佐浩二さんの3人が駆けつけ、「SEGA×BLEACH」プロジェクト第2弾となる「BLEACH DS 蒼天にかける運命」と、第3弾「BLEACH GC 黄昏にまみえる死神」で対戦した。

wk_0918TGS501.jpg

左から黒崎一護役の森田成一さん、朽木白哉役の置鮎龍太郎さん、市丸ギン役の遊佐浩二さん

 今回のイベントでは「BLEACH DS 蒼天にかける運命」の公式サイトで事前に質問を募集しており、“キャラになりきるためにしている苦労は?”という質問に対して森田さんは、黒崎の声を安定させるのが難しくていつも苦労していると語る。森田さんは、テンポのいいオープニングやエンディングを見て、いろんなキャラが出るので楽しみとゲームについて振り返る。

 そんな森田さんを見てか、同じ質問に対して置鮎さんは「役柄もあるのですが、いつも心の中で“森田潰す”と思ってます」と恐ろしいことをさらりと答えると会場は大爆笑。当初「頑張りすぎないようにしている」と答えていた遊佐さんまで「僕も」と訂正した。

 同じく応募があった「女性キャラで誰が好み?」という質問に対して、遊佐さんは乱菊、置鮎さんは意外に肌がキレイそうという理由で夜一と答え、森田さんは即答で“乱菊さん”と答え、どこがいいのか切々と語りだした。森田さん曰く「髪の耳のあたりまでのカーブと、その隠れた部分から伸びる肩までの髪のライン」がいいのだそうだ。もちろん放漫なバストは言うまでもないのだとか。

 また「実際ゲームで対戦してみたいキャラは?」との質問に対して、遊佐さんは「勝てる奴」と山田花太郎か黒崎一護を挙げ、ここでも“森田潰す”を連呼。置鮎さんは、今回護廷十三隊の藍染惣右介の卍解がどうなっているのか、漫画では幻覚系だっただけにどう表現され戦うのかを楽しみんしているとコメント。森田さんは、やはり一番アツイ戦いだったのではないかとの理由で、阿散井恋次か更木剣八とガチンコ勝負をしてみたいと語った。

wk_0918TGS502.jpg

この後ゲームで対戦したりとイベントは続く。彼らの行動ひとつひとつに会場に集まったファンからため息や声援、そして笑いが起こっていた。ちなみに彼らが手に持っているのは、試遊するともらえる特製うちわ

[加藤亘,ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping