ニュース
2005/09/21 16:58 更新

ガンホー森下社長インタビュー:
オンラインコミュニティを活用した総合エンターテインメントビジネスをガンホーは目指す (1/4)

「グランディアオンライン」や「北斗の拳オンライン(仮)」と、新しいタイトルを続々と発表するガンホー・オンライン・エンターテイメント。今後の展開について、同社社長、森下一喜氏に話を聞いてみた。

画像

ガンホー・オンライン・エンターテイメント 森下一喜社長

――昨年の東京ゲームショウで「コードネーム:GO」として発表され、今回の「東京ゲームショウ2005」で正式に「グランディアオンライン」としての発表となったわけですが、社長自身のグランディアにかける思いが強い、と発表会の席でもおっしゃってましたね。

森下 そうですね。個人的には、今回のグランディアオンラインに関しては、ゲームアーツの宮路洋一さん(社長)とツートップでエグゼクティブプロデューサーを務めることもあり、話し合いながらコンセプトや方向性を決めましたので、個人的にも思い入れは強いですね。ガンホー・オンライン・エンターテイメント(以下、ガンホー)としても、「グランディア」は家庭用ゲーム機で200万本をセールスしているタイトルですし、グランディアファンがそこにいる、ということが前提にあるので、その期待に応えていかなければいけないですから。

 ガンホーとしては、開発元、そしてパブリッシャーとしての両側面も持っていますので、生むことも大事ですが、オンラインゲームは“育てること”が大事です。グランディアオンラインは正統派の冒険ゲームとして、“アツく燃える”世界を追っていきたいですね。こう話していくと、力が入ってきてしまうんですが(笑)。

 ただしガンホーとしては、パブリッシャーという観点からは、すべてのタイトルに対してフラットに考えているのはもちろんです。

――ゲームアーツとは、そもそもグランディアというタイトルを持っていたから提携した、ということなんでしょうか。

森下 いえ、そういうわけではありません。ガンホーとしても、開発チームを強化していかなければならないという命題がありましたので、開発スタジオとの関係を構築する必要がありました。その中で、ゲームアーツとは資本的な形での提携となりました。

 ビジネスとしては、オンライン事業とパッケージ販売の事業と、両方ともやっていかなければいけないと思いますし、多岐にわたるプラットフォームへ向けての“出口”を増やすことも重要です。ゲームアーツには、これまで20年培ってきた「職人芸」のような匠の技があります。これを、オンラインゲームにおけるパラダイムシフトの中で生かしていきたいと思って、資本的な関係を結びました。また、ゲームアーツを経営的にバックアップして、いいものを生み出せる状況を作ろう、ということもありました。

 そしてその上で、ゲームアーツと作る処女作はなんだろう、と話をしていたときに、グランディアだよね、となったわけです。ゲームアーツには「ルナ」や「シルフィード」、「ガングリフォン」といったゲームがありますが、中でもグランディアという作品は看板タイトルですし。

 ただし、これをオンライン化するということはかなりリスクが伴います。シリーズものを提供しているメーカーはどこも同じだと思いますが、コンテンツの寿命を縮めてしまうのではないか、という危惧があるわけです。しかし今回はあえてオンライン化し、その上で“原点回帰”をうたって、世界観としてもグランディアの少し前の時代を舞台にしましたし、さらなる原点回帰として、オンラインならではのコンテンツを提供していこうと考えています。

 グランディアオンラインについては、ガンホーとゲームアーツの共同開発になりますが、開発資金はガンホーから100%出します。ある意味「開発スタジオ」という位置づけになりますが、ガンホーからも開発者を選出し、一緒に開発を進めていくことになります。

 ジー・モードもガンホーが筆頭株主となっていますが、社長の宮路武さん(編集注:グランディアの監督)にも今回の経緯をお話した上で、社長としての仕事が忙しいですので、スペシャルアドバイザーとして加わっていただきました。グランディアに対するこだわりというものを、オンラインの中でどう表現するかを是非一緒に考えて欲しい、ということで、宮路武さんにも9月16日の発表会に参加していただいたわけです。

――ゲームアーツと提携したのは、技術力に期待されたからでしょうか。それともそのほかのタイトルにも魅力があったからですか?

森下 それは両方の側面がありますね。我々の考える資本政策、M&Aのポリシーとしては、第1にそのカテゴリーでNo.1であること、もう1つは、その開発力であったり、その資産を含めて考えます。そして、これは資産と同じかもしれませんが、その会社が持っているリソースです。今回の件に関しては、資産にも魅力があった、ということです。ただし主な目的として「開発力の強化」がありましたので、スタジオを抱えたい、と考え、提携したわけです。

――そうなると、“第2、第3のゲームアーツ”も考えていらっしゃるのではないですか?

森下 それはあり得るかもしれません。ただ、基本的にはお互いのビジョンと将来的な目標が一致することが大前提だと考えています。宮路洋一さんとも「これからこのようなことがしたい」と話し合い、一致したからこそ提携したわけです。

 もっとも宮路洋一さんとは以前の知り合いで、ゲームビジネスについて教えてもらったりと、ガンホーを立ち上げた時にもお世話になっていますので、そういった意味では、お互いに今後の方向性について、気持ちを一致させることができたわけです。

      | 1 2 3 4 | 次のページ

[聞き手:今藤弘一,ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping