レビュー
2005/10/06 16:19 更新

レビュー:
最強戦士は誰の手に――「ドラゴンボールZ スパーキング!」は純然たる格闘ゲームがよく似合う (1/3)

今や、国民的マンガ・アニメ「ドラゴンボール」シリーズ。それをモチーフに何か作るとすれば、一番しっくりくるのが格闘ゲームだろう。そこで本作をプレイしてみて、どのような感じに仕上がっているのかをチェックしてみた。

国民的アニメなら、ゲームにならなきゃ?

 「ドラゴンボール」シリーズといえば、「サザエさん」や「ドラえもん」に匹敵するぐらいの、国民的浸透度を果たしたアニメと言えるだろう。ライバルに勝利を収めるたびに新たな強敵が出現する中、主人公の孫悟空達も修行を重ねて強くなり、最終的にはどんな相手も倒すという構成は、まさに少年漫画の王道を行く作品だ。

 中でも、ドラゴンボールの顔といえるのが、その派手な戦闘シーンではないだろうか。主人公たちの戦闘シーンには数多くのページが割かれ、派手な描写と大胆なコマ割りで読むものを引きつけてやまない。そんなバトルの部分に着目して、格闘ゲームとして作り上げたのが本作「ドラゴンボールZ Sparking!」となる。

 アニメ版のドラゴンボールは、悟空がピッコロ大魔王に勝利を収めるまでの「ドラゴンボール」と、サイヤ人達との戦いから先の物語が展開されている「ドラゴンボールZ」や「ドラゴンボールGT」という構成となっており、本作は後者をゲーム化したものだ。そのため、ある程度原作またはアニメでストーリーの流れを把握しておかないと、いきなり悟空が大きいときから始まるので、突然の展開にとまどうかもしれない。

wk_1006DB01.jpg

ゲームタイトルに“ドラゴンボールZ”とあるので、事前にマンガかテレビアニメを見ておくと、話の展開について行けるはず

ストーリーモードでは、大味な戦いを堪能せよ

 本作は、ストーリーモードの他に天下一武道会やアルティメットバトルなど、様々なモードが収録されている。中でも中心となるのが、アニメや劇場版のストーリーに沿ってバトルを進める「Zバトルゲート」だ。ここでは“サイヤ人編”や“フリーザ編”などストーリーごとに分かれていて、それぞれを選ぶと戦いが始まる。対戦キャラはもちろん物語通りとなっているので、サイヤ人編の最初であれば悟空vsラディッツからスタートとなるのだ。ただし、普通の対戦格闘と違うのは、勝利条件が定められている点だろう。悟空とラディッツの戦いは、物語では悟空が手も足も出ない状態で終わっていることを受けて、制限時間いっぱいまで生き残ることが条件になっている。また、次のピッコロvsラディッツ戦では、魔貫光殺砲で勝利を収めなければ、勝ったことにはならないのだ。このような細かい気配りが、よりアニメ版に近い雰囲気を味合わせてくれていると言えるだろう。

wk_1006DB02.jpg

各区切りごとにストーリーが分かれて設定されている。最初に戦うべきは、やはりサイヤ人編だろう

wk_1006DB03.jpg

この条件は、超必殺技で倒せ! や全力で倒せなど、いくつかの種類がある。それに合わせた戦い方を要求されるのだ

wk_1006DB04.jpg

アニメや原作と違い、悟空がラディッツを押さえてくれるわけではないが、魔貫光殺砲でとどめを刺さないと勝ったことにはならない

 勝利条件を確認すると、いよいよバトル開始となる。ここでは、アニメ版さながらの戦い方を展開することが出来るのだ。とはいっても、操作方法は決して難しくはない。通常のパンチやキックといった攻撃は、全て□ボタンを押すだけで5連続で出せる。5発目に△や×などのボタンを押せばバリエーション攻撃を発動させられ、さらに連続して攻撃を5発叩き込むことが出来る仕組みだ。

 このほかにも、パンチやキックで敵を吹き飛ばした後を追いかけての攻撃や、方向キーとの組み合わせなどで、様々な技を繰り出せるようになっている。これらを詳しく説明するとキリがないのだが、□ボタンから始まる打撃系の技をメインに使えば、マンガで“!!!!!!”などと表示されているコマを、そのまま再現することも不可能ではないだろう。

 また、殴り合いをしていると気力が溜まっていき、一定以上になれば各キャラの持つ必殺技(ブラスト)を使うこともできる。まさに、すべての攻撃の基本となるのだ。ただし、思った以上に派手な演出がないので、見ているとかなり地味なのが惜しい。だが、制限時間いっぱいまで生き残るなどの条件時には相手が異常に強くなる(ダメージを与えても、ほとんど減らない)ため、この方法で地道に時間を稼ぐようになる。この辺りのバランスは、もう一ひねり欲しかったところ。

wk_1006DB05.jpg

相手が防御さえしていなければ、□ボタンを連打しているだけで攻撃が決まる。なかなか気持ちがいい

wk_1006DB06.jpg

4回攻撃した後に△ボタンを押すと、コンボ気弾からのガードクラッシュを出せる。この後、さらに攻撃を叩き込めるのだ

wk_1006DB07.jpg

お互いが殴り合いをすると、アニメのような戦闘シーンが展開される

      | 1 2 3 | 次のページ

[篠崎薫,ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping