インタビュー
2005/10/07 18:12 更新


部活や恋愛にかける青春を味わってみないか!? 「涼風」アフレコインタビュー (1/3)

「週刊少年マガジン」にて好評連載中の人気コミック「涼風」のテレビアニメ放映が開始されてから早3カ月。全26話の折り返し地点をすぎたことで、出演者たちにはどのような心境の変化が生まれているのだろうか。インタビューを敢行し、その内面に迫った。

 現在もテレビ東京系ほかにて好評放映中のテレビアニメ「涼風」。7月から放映が開始され、この10月で早3カ月が経過。物語も折り返し地点をすぎていよいよ佳境へと突入していくことになる。そこで今回は、主人公・秋月大和役の中村太亮さん、朝比奈涼風役の三橋加奈子さん、桜井萌果役の細野佑美子さんにインタビューを行い、心境の変化や今後の見どころなどを伺ってみた。

wk_1007suzu01.jpg

 まず、インタビューの前に“「涼風」をまだ見ていない”という人のために、そのストーリーについても少し触れておこう。

「東京に出れば、高校に入れば、何かが変わる!」。そんな淡い期待を胸に、東京の高校に通うために単身上京してきた主人公・秋月大和。彼は叔母が経営する銭湯兼レディースマンションに下宿し、夢であった東京での高校生活をスタートさせた。そんなある日、大和は学校で見かけた“高跳び”をしている美少女にひと目惚れをしてしまう。じつはその美少女は同じクラスの生徒で、さらに大和の隣の部屋に住む涼風という少女だった。この出会いがきっかけで、大和の学校生活は少しずつ変わり始める……。

wk_1007suzu02.jpg

wk_1007suzu03.jpg

 本作の物語の特長は、なんと言っても等身大の高校生たちの思いが描かれているところにある。ドラマのように格好良い恋愛ではなく、格好悪くても真剣な心でぶつかりあう少年少女たちの姿が、見る者の共感を呼ぶのだ。

 なかでも、恋愛に一直線な姿は学生ならでは。本作に登場するキャラクターたちは、見ているこちらが恥ずかしくなるくらいのアクティブな行動をして見せてくれる。たとえば主人公の大和は、一目惚れした涼風と仲良くなるために同じ陸上部に入部する。さらには帰省した涼風が心配で実家まで追いかけていくなど、「多少やりすぎな部分はある(中村談)」ようにも思えるが、真剣な思いそのままの直情的な行動をする。

 “格好悪い”とか“用事が”など打算的な思いを抜きに、感情の赴くままに行動できる彼らを羨望の目で見る人もいることだろう。ただし、大和は不純な動機で入部したからといって、部活を適当に考えているわけではない。大和は恋を力に変えて、激しい練習に耐えて着実に実力を付けていくのだ。

 そして同じように、ヒロインの1人・桜井萌果も恋に対しては一生懸命。しかもこの萌果は、普段は大人しい性格なのに恋に対しては大胆になれるというツワモノ。大和に対しても最初は片想いをしているのだが、真剣に思いを伝えていくうちにだんだんと仲を深めていく。

 もちろん恋愛に対して正直な人ばかりではない。涼風は逆に恋愛に臆病な様子。多少思っていることがあったとしても、それを隠して強い自分を演じてしまうようだ。言いたいことがあっても言えない様は、大和や萌果とのギャップでさらにもどかしく感じられてしまう。

 そんな3人が織り成す恋愛関係は絶妙のひとこと。もどかしさや妙なむず痒さ、そして驚きありと、さまざまな思いに駆られてしまうことだろう。

wk_1007suzu04.jpg

wk_1007suzu05.jpg

wk_1007suzu06.jpg

「付き合おっか」はダメ!! ――「涼風」出演者インタビュー

      | 1 2 3 | 次のページ

[ひろいち,ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping