ニュース
2005/10/11 14:49 更新


「機動戦士ガンダムSEED 連合VS.Z.A.F.T.」全国大会開催――インパルスとシンが開放

バンプレストは、アーケード用「機動戦士ガンダムSEED 連合VS.Z.A.F.T.」の全国大会「機動戦士ガンダムSEED 連合VS.Z.A.F.T. Premium Dogfight 2005 BANPRESTO CUP」を10月9日に東京・浜松町のニューピアホールで開催。インパルスとシン・アスカの先行体験会も催された。

 2001年に登場した「機動戦士ガンダム 連邦VS.ジオン」から5作目となる「機動戦士ガンダムSEED 連合VS.Z.A.F.T.」で、シリーズ初となる全国大会が開催される運びとなり、あいにくの雨天ながらも、全国の予選を勝ち抜いた128チーム256人(当日の参加枠もあり)が参加し大いに盛り上がった。

 大会は午前中から8つのブロックに分かれて予選トーナメントが行われ、各ブロックの代表を選出。決勝トーナメントへ進める8チームが駒を進めた。準々決勝までは1本勝負で、準決勝からは3本勝負の2本先取制で優勝を目指す。

 決勝トーナメントでの舞台は資源衛星ヘリオポリス。2人1組となり、制限時間210秒内で相手を圧倒したほうが勝ちあがっていく。

wk_1011ban01.jpg

 そんな中、決勝に駒を進めたのがジャスティスとデュエルの組み合わせで、連携を得意とする「ワララ〜」チームと、フリーダムとラゴゥの組み合わせの「EXC」チーム。どちらも予選を勝ってきたチームだけに、ちょっとしたミスや連携のほころびをつくのがうまい。両者とも決戦前のインタビューでは謙遜しながらも自信をうかがわせる。こうして決勝戦が始まった。

 1戦目は圧倒的な連携で「ワララ〜」が優勢。「EXC」が終盤体勢を立て直すも「ワララ〜」の有利は変わらずに1本目を先取。2戦目は前戦から学習した「EXC」が連携を阻止する動きを見せる。個人戦となったら「EXC」に分があり、2本目を奪取。勝負を振り出しに戻した。そして運命の最終戦。「ワララ〜」は冷静に連携を取り、絶妙な間で相手を削っていく作戦に出た。個人戦に持ち込めないままかわされ続け、気がつけば終盤戦に乱戦へ。しかし、前半からの徹底した連携を崩さなかった「ワララ〜」チームのラゴゥへの集中砲火で勝負が決した。

wk_1011ban02.jpg

全国大会初となる優勝者が決まろうとしている。司会解説はバンプレストのプロデューサー馬場龍一郎氏と北本卓士(キラモト)氏が担当。決勝前の両者からは気迫が感じられた

wk_1011ban03.jpg

予選から個人技が冴える「EXC」チームを押さえ込む連携見事な「ワララ〜」チーム。背中を見せた途端に回りこまれて集中砲火を浴びせる

wk_1011ban04.jpg

3位までを表彰。バンプレスト ゼネラルマネージャーの柳下邦久氏から表彰状とカップ、そして目録が贈られた

最後の隠し要素「インパルスガンダム」と「シン・アスカ」が実装

 大会終了後には、「インパルスガンダム」と「シン・アスカ」参戦の隠し要素が公開された。店舗によって若干のズレは生じるものの本日10月11日から「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」の若きエース“シン・アスカ”とその愛機“インパルスガンダム”が使用可能になるとのこと。

 インパルスには高機動戦闘を重視した形態であり、ビームライフルとビームサーベルが主要武装となる「フォースインパルスガンダム」と、近接戦仕様であり、巨大な対艦刀“エクスカリバー”を2本、ビームブーメラン“フラッシュエッジ”を装備する「ソードインパルスガンダム」、そして砲戦を意識した高エネルギー砲“ケルベロス”やミサイルランチャーを持ち、ビームジャベリン“デファイアント”を装備し接近戦にも耐えられる「ブラストインパルスガンダム」の3種類が存在する。ともにコストは☆×3.5(450/1000)である。

 アーケード版ではこれが最後の隠し要素とのことだが、11月17日に発売予定のプレイステーション 2用ソフト「機動戦士ガンダムSEED 連合VS.Z.A.F.T.」には、インパルスやシン以外にも「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」のキャラクターが登場するとのことなので、そちらも期待したい。

wk_1011ban06.jpg

武装はメインがビームライフルでサブがバルカン砲と、極めてスタンダード。格闘はビームサーベルとこれまた基本。ブーストダッシュの性能が高いので機動性を生かした戦闘ができる

wk_1011ban07.jpg

メイン射撃でもあるビームブーメラン“フラッシュエッジ”は2つ同時に放つことができる。対艦刀“エクスカリバー”も2本同時に使用可能なので、接近戦で威力を発揮する

wk_1011ban08.jpg

高エネルギービーム砲“ケルベロス”はチャージショットに対応しており、ランチャーストライクと同様にレバー操作で砲口を任意の方向に向けることができる。また、ビームジャベリンはリーチも長く十分格闘にも耐えうる性能を持っている

wk_1011ban05.jpg

表彰式のあとにはインパルスとシンが開放された筐体による先行体験会が実施された。優勝チームの「ワララ〜」とプログラマー岩村将成氏とディレクターの尾畑心一朗氏との交流試合も行われたが、初めての使用とは思えないほど「ワララ〜」チームがインパルスを操っていたのには開発者2人も驚いていたようだった

  • 「機動戦士ガンダムSEED 連合VS.Z.A.F.T.」
  • 対応機種:プレイステーション 2
  • メーカー:バンダイ
  • ジャンル:アクション
  • 発売日:11月17日発売予定
  • 価格:7140円(税込)
(C)創通エージェンシー・サンライズ・朝日放送
(C)BANPRESTO 2005
(C)CAPCOM CO.,LTD. 2005 ALL RIGHTS RESERVED.


[加藤亘,ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping