ニュース
2005/10/17 14:56 更新


FFシリーズ、GBA移植計画スタート――「FFIV」ミクロ専用フェイスプレート発表

スクウェア・エニックスは、ファイナルファンタジーシリーズの携帯ゲーム機へ移植プロジェクトを本格始動すると発表した。まずはGBA対応の「FFIV」を年末に発売する予定。

 スクウェア・エニックスは、10月5日に行われた「ニンテンドーDS カンファレンス 2005秋」で、ファイナルファンタジー(以下、FF)シリーズの携帯ゲーム機への移植を本格的に開始すると発表。この度、GBAソフトが遊べるゲームボーイミクロのオリジナルフェイスプレートが公開された。移植化第1弾としてGBA対応の「FFIV」を12月15日に発売する。価格は5040円。

 FFシリーズは、全世界で6400万本以上いう売り上げを記録している。1991年発売のスーパーファミコン対応FFIVでは、グラフィック技術やストーリー性に力を入れたほか、デザイナーに天野喜孝氏を迎え、個性溢れるキャラクター群を取り入れた。また戦闘に“時間”の概念を取り入れた「アクティヴタイムバトル」を採用することによって、行動順や敵の攻撃方法にバリエーションが生まれ、より緊張感のあるバトルシーンを展開できるようになった。この効果によってIVは、133万本を売り上げている。

 今回の移植ではシステムの最適化、グラフィック精度が向上し、FFIVのGBA忠実再現に成功した。それに加え、新たなるイベントやエクストラダンジョンの出現もあり、現ユーザーも新規ユーザーも十分に楽しめる内容となっている。

hn_10172.jpg

hn_10173.jpg

GBAで再現されたファイナルファンタジーIV

 2005年9月に発売となったゲームボーイミクロとのコラボも企画中。天野氏デザインのオリジナルフェイスプレートを配したゲームボーイミクロ同梱版も限定で発売する予定だ。

hn_10171.jpg

天野喜孝氏デザインオリジナルフェイスプレート(デザインは製品版と異なる場合有り)

(C) 1991,2005 SQUARE ENIX All Rights Reserved.


[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping