ニュース
2005/10/21 14:47 更新


キッズステーションが花とゆめ人気No.1コミック「学園アリス」をPS2で発売 (1/2)

白泉社から発行されている花とゆめコミックで、読者人気1位に輝いている「学園アリス」が、プレイステーション 2で登場。

 昨年、キッズステーションから11月ゲームボーイアドバンスで発売された「学園アリス」が、さらにパワーアップして帰ってきた。

 現在、コミック単行本8巻(2005年10月現在)まで発行され、大人気の「学園アリス」は、今年の春までNHKBS2でアニメ化もされている。今回、その人気を受けた形で、ニンテンドーゲームボーイアドバンス専用ソフト「学園アリス〜ドキドキ★不思議たいけん〜」ではできなかったフルボイスを実現している。

舞台となるアリス学園とは?

 「アリス」を持つ人のみが入学を許される特別な学校。

 貴重な「アリス」を守るために極秘・厳戒な警備がされており、一般人はその存在を知らない。「アリス学園」に入ったら、外部との接触はできず、親でさえもなかなか連絡を取ることができない。ある意味厳しい学校でもある。「アリス生」はアリス学園の敷地内で生活をしており、初等部・中等部・高等部がある。また、「アリス学園」には「アリス」の能力レベルなどによって定められる「星階級」という評価システムがあり、階級の低い順に「星なし」、「星1つ(シングル)」、「星2つ(ダブル)」、「星3つ(トリプル)」、「幹部候補生(スペシャル)」となっており、その階級によって学園内での扱いがまったく違う。

wk_1021alice02.jpg

マップ画面。点在する学園を行き来し、イベントをこなして“アリス”を高めていくことになる

「アリス」とは?

 「アリス」とは超能力のような天賦の才能のことをいう。学園ではその能力によって下記のようなカテゴリーに分けられる。

  • 潜在系:透視能力や瞬間移動、千里眼など一般的な超能力
  • 技術系:何か特別なものを作ったり、モノが変化する能力
  • 体質系:早く走る、フェロモンを出すなど、体質に大きく関係する能力
  • 特力系:その他、どこにも当てはめられない能力の持ち主
  • 危険能力系:種類を問わず、能力のパワーや性格を危険と判断されたもの

プロローグ

 タイムトリップのアリスを持つ特力クラスの担任教師“のだっち”が未来から帰ってきた。プレーヤーのあなたは制御困難な“のだっち”のタイムトリップに巻き込まれて、蜜柑たちのいる現在の「アリス学園」にやってきてしまった。しかもタイムトリップのショックで記憶がない上に帰り方もわからない……。

 アリス学園の制服を着ていることから学園の生徒で、アリスは持っているんだろうけど自分の名前やアリスもなんだかわからない。“のだっち”もこんなことははじめての経験だし、一時的に立ち寄った時空でいつ時代の生徒かわからないでいた……。

 とりあえず学園に保護され、記憶を取り戻すべく、未来と同じ生活である学園生活を蜜柑たちと送ることになったのだが……。

wk_1021alice03.jpg

ゲームシステム

 プレーヤーはオリジナルキャラクターとなってアリス学園で生活を余儀なくされる。授業やミニゲームなどでアリス能力を高めながら、いろんなイベントや事件を体験することになる。

 コミックやアニメでおなじみのキャラクターはもちろん総出演。アニメ版「学園アリス」と同じ、植田佳奈さん、朴璐美さんをはじめとする人気声優の方々を起用したフルボイスを実現しており、改めて収録してのゲーム化となる。彼らをパートナーとしてシナリオを進めていくことになる。

wk_1021alice04.jpg

wk_1021alice05.jpg

wk_1021alice06.jpg

登場キャラクター

      | 1 2 | 次のページ

[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping