ニュース
2005/10/26 20:28 更新


コーエー、カナダの開発体制を強化


 コーエーの海外現地法人KOEI CANADA Inc.(以下、コーエーカナダ)は、現地10月25日、カナダ政府やトロント市関係者、教育関係者などを招き、欧米市場向け商品ラインアップの拡充を目指し、開発体制を大幅に強化することを発表した。

 コーエーカナダでは、カナダ政府の協力を受けて、今後数年間で150人から200人までスタッフを拡充し、海外におけるコーエーグループ最大の開発スタジオを目指すとしている。コーエーは自社のグローバリゼーション戦略の元、北米や欧州に向けたワールドワイドな商品開発を行うべく、2001年6月にカナダ オンタリオ州トロントにコーエーカナダを設立していた。

 現在、コーエーカナダでは、新作2タイトルの開発が進められており、そのうちの1タイトルが、次世代ゲーム機プレイステーション 3向けタイトル「Fatal Inertia」(フェイタル・イナーシャ)となる。近未来を舞台にしたフライング・コンバットレースゲームで、9月に千葉県・幕張メッセで開催された東京ゲームショウ2005にて発表されている。

wk_1026koei01.jpg

左からオンタリオ州経済開発貿易省 副大臣Jeff Leal氏、襟川最高顧問(コーエー)、トロント市 副市長Mike Feldman氏

[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping