ニュース
2005/11/10 15:24 更新


SNKプレイモアとエヌ・シー・ソフトがオンライン事業で業務提携


 SNKプレイモアは、エヌ・シー・ソフトとの間で、オンラインゲームの開発及びサービス、両社の持つ知的財産の相互活用など、クロスライセンスに基づく業務提携に向けた合意書を締結したと発表した。

 これによりSNKプレイモアは、エヌ・シー・ソフトの持つゲームやパチスロ、パチンコ、携帯電話を、ネットワークコンテンツ事業に活用、開発、販売を行うことに。また、エヌ・シー・ソフトは自社の持つオンラインポータルサイトを通じて、今後SNKプレイモアが開発したPCオンラインゲームを全世界へサービス提供することに関し、独占的実施権を有することになった。もちろん、SNKプレイモアの知的財産をエヌ・シー・ソフトのオンラインゲーム開発に活用、サービス提供を行う。

 業務提携の第一段階として、SNKプレイモアの「ザ・キング・オブ・ファイターズ」、「サムライスピリッツ」、「メタルスラッグ」、「ティンクルスタースプライツ」など、複数タイトルのPCオンライン向け移植に関して合意し、開発とサービススケジュールなどの具体的事項について協議を開始したとSNKプレイモアは伝えている。

 この業務提携に対してエヌ・シー・ソフトは、「今回の締結を通じて全世界に強力なブランドを誇るSNKプレイモアの様々なゲームコンテンツを確保する事になった。エヌ・シー・ソフトは今後、差別化したコンテンツを活用して世界一流水準のゲーム開発とサービス技術を集結した新しいゲームの誕生を期待している」とコメントしている。

 SNKプレイモアは今後、エヌ・シー・ソフトとの業務提携により、本格的にPCオンライン市場へと参入する足がかりを得た。

[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping