ニュース
2005/11/12 19:15 更新

Games Japan Festa 2005 in OSAKA:
TGS未出展を含む新作ソフトがずらりと勢ぞろい――入場時に渡される“ある紙”にも注目が (1/2)

2005年11月12日、日本テレビゲーム商業組合の主催による新作ソフトの試遊イベント「Games Japan Festa 2005 in OSAKA」が、マイドームおおさかにて開催された。出展社数は21、出展タイトル数は88。

 2005年11月12日、日本テレビゲーム商業組合(ゲームスジャパン)の主催による新作ソフトの試遊イベント「Games Japan Festa 2005 in OSAKA」が、マイドームおおさかにて開催された。出展社数は21、出展タイトル数は88(PS 2版とXbox版など重複含む)。記者は開場30分前となる午前9時30分に到着したのだが、無料で入場できることもあってか、朝早くからすでに多くの人が集まっていた。

photo

左側の赤い服の人がイベントスタッフで最後尾を示している。もちろん中にもたくさんの人が……

 今年の注目といえば、やはり12月10日に発売を控えるXbox 360だろう。ロンチタイトルである「パーフェクトダーク ゼロ」や「リッジレーサー6」を始め、プレイアブル出展が合計で16タイトルと、9月に幕張メッセにて開催された東京ゲームショウ2005よりも多くのタイトルを揃えており、各タイトルの開発が順調に進んでいる様子が伺えた。もちろん、会場内でも一番の注目で、常に人垣が絶えることはなく、プレイしたユーザーの中からは“やっぱり次世代機はすごい。注目したほうが良いかもしれない”といった声も聞こえた。

photo

「パーフェクトダーク ゼロ」(写真左)もそうだが、「PGR 3」(写真右)も純粋なゲームイベントとしては国内初出展となっていた

photo

マイクロソフトブース(Xbox 360)は自然とこのような状況に……

 また、本イベントで初出のタイトルとしては、先に述べた「パーフェクトダーク ゼロ」や「フロントミッション5〜スカーズ・オブ・ザ・ウォー〜」、ゲームボーイアドバンス版「ファイナルファンタジーIV アドバンス」などが挙げられる。「FFIV」はRPGなので、特にプレイしづらいといったことはなかったようだが、スーパーファミコン版やプレイステーション版と比べ、どこが変わったのかを注目しながらプレイしていたユーザーが多かったようだ。

photo

スクウェア・エニックスブースではこのほかに「キングダム・ハーツII」が4台、「スライムもりもりドラゴンクエスト2 大戦車としっぽ団」が2台出展されていた

 そのほか、基本的には東京ゲームショウ2005にて出展されていたタイトルが中心であったものの、「Jリーグウイニングイレブン9 アジアチャンピオンシップ」、「スライムもりもりドラゴンクエスト2 大戦車としっぽ団」、「ソウルキャリバーIII」、「マリオカードDS」といった、すでに発売まで1カ月をきっているタイトルには特に注目が集まっていた。

photo

「ソウルキャリバーIII」の撮影をしようとしたところ……「僕の私の塊魂」をプレイする王子コスプレイヤーが! これはこれでかなりの注目を集めていたようだ

photo

「マリオカートDS」を始め、「おいでよ どうぶつの森」や「マリオパーティー7」といった任天堂ブースの試遊台には、小学生以下の子どもの姿が多く見られた

次ページは、最も長い待ち時間を記録した“あのタイトル”と、入場時の“あの紙”について

      | 1 2 | 次のページ

[遠藤学,ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping