ニュース
2005/11/17 01:10 更新


「王様ゲーム」アプリを開発するモブキャストってどんな企業? (1/2)

「王様ゲーム」「折りたたみをパカパカ開閉して遊ぶゲーム」「映画『スワロウテイル』のゲーム」……独自テイストのアプリを連発する企業がある。

 なぜか、ひとくせもふたくせもある携帯アプリばかり開発する企業がある。モブキャストというコンテンツプロバイダだ。

 例えば「岡本吉起の王様ゲーム」。携帯アプリで、王様ゲームの“指令”を自動生成するという実にたわいもないアプリだが、毎日編集部に届くリリース群の中にあって異彩を放っていた。ちなみに岡本吉起というのはモバイルゲームを監修する社外取締役の名前だという。

 このほかにも、しがないサラリーマンが腕相撲でマッチョの敵と対戦する「腕マッチョ!」、南の島で美女が“尻相撲”を繰り広げるアプリ「セクシ〜尻相撲」など、インパクトのあるタイトルが並ぶ。モブキャストとはどんな会社なのか、実際に訪問してみた。

「ネタ」になる携帯アプリを

Photo

左から、ゲームコンテンツグループの藤崎貴之氏と石井武プロデューサー

 ゲームコンテンツグループのプロデューサー、石井武取締役は前出のゲームのコンセプトを、人に見せて「ネタ」にできることだと話す。たとえば王様ゲームのアプリは、完全にパーティツールを意識したものだ。飲み会や合コンなどを盛り上げることを想定しており、ユーザーは会場に携帯を持っていって参加人数を設定するという流れになる。

 あとはアプリ上でルーレットを回すと、「01番は」「わし(王様の)」「耳を噛むのじゃ」などと王様の命令を決めてくれる。「わしは」「おじ様口調で」「自分の性癖を話すぞ」などと、自爆系の命令もあるから、場は盛り上がるという仕組みだ。

Photo

ルーレット形式で王様の命令を決定する

 腕マッチョ!の場合、主人公が「翔」という名前のメガネ姿の中年サラリーマン。このキャラクターが、クラブ「UDE」で毎夜繰り広げられる魂の戦い――腕相撲に挑むという内容だ。ゲーム自体は、落下物に併せてキーをタイミングよく押すという“よくあるパターン”だが、設定やグラフィックデザインが哀愁とおかしみを誘う。

Photo

 実はこの腕マッチョ!、2人対戦も可能だと石井氏は話す。ただし通信は使わない。どうやるのか……と見ていると、1つの携帯の左側(「1」「4」「7」キー)と左側(「3」「6」「9」キー)を2人で握り合って対戦するのだという。「端末を引っ張りあって、『オイやめろよー』とか言いながら遊ぶと、楽しいのではないか」。……実際にプレイする姿は相当に、滑稽なように見える。

Photo

2人同時対戦しているところ。こんな体勢で対戦することは本当に可能なのか?

 折りたたみ携帯の「折りたたみ」の要素を活かしたゲームも開発している。パカパカと開閉を繰り返して遊ぶことから、通称「パカゲーム」と呼ばれている。同社の代表作となった、「早撃ちガンマン」などがこれにあたる。

 同ゲームでは通常のガンシューティングゲームと異なり、準備ができたらユーザーは精神を落ち着かせて携帯を閉じる。「……抜きな」という瞬間だ。次の瞬間、ブルッとバイブの振動が走るので、ユーザーは携帯を開く。そして画面上に出現した無法者を、一般人と間違えないように次々打ち倒していく。

 「早撃ちガンマンは、総ダウンロード数が23万に達した。KDDIが米VerizonにEZアプリのコンテンツを提供しようという話になったとき、ズラリと並んだ携帯アプリの中からVerizon側が3つを選んだが、実は2つが弊社のものだった。その1つがこの早撃ちガンマンだ」(ゲームコンテンツグループの藤崎貴之氏)

Photo

バイブレーションが合図。折りたたみ携帯をサッと開き、悪党を撃て!

      | 1 2 | 次のページ

[杉浦正武,ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping