ニュース
2005/11/25 21:14 更新


前作から1年後が舞台――アイエフ メイト第8弾タイトル「闇夜にささやく 〜探偵 相楽恭一郎〜」 (1/2)

アイディアファクトリーは、同社の美少女ゲームブランド「アイエフ メイト」第8弾タイトルとして、プレイステーション 2用ソフト「闇夜にささやく 〜探偵 相楽恭一郎〜」を、2006年2月に発売予定であると発表した。

 アイディアファクトリーは、同社の美少女ゲームブランド「アイエフ メイト」第8弾タイトルとして、プレイステーション 2用ソフト「闇夜にささやく 〜探偵 相楽恭一郎〜」を、2006年2月に発売予定であると発表した。

 本作は、同ブランド第5弾タイトルである「月は切り裂く 〜探偵 相楽恭一郎〜」の1年後を舞台に、冴えない三流探偵の主人公・相楽恭一郎の活躍を描いた推理アドベンチャーゲームとなっている。

photo

 主人公の相楽恭一郎は三流の探偵。たまに入ってくる仕事は冴えない仕事ばかり。そんなある日、たまたま引き受けた仕事がいつのまにやらヤクザ同士の抗争に大発展。泣きついた伊達の紹介で、ほとぼりが冷めるまで大型豪華客船での高飛びを決め込んだのだった。
 そして、恭一郎が船上で出会った、女子大生にOL、謎の美人ディーラー、メイドを従えた女の子……。やがて、船上という閉じられた世界で、彼女たちの周囲に怪しい男たちが見え隠れしはじめる……。名探偵を自称する恭一郎は、彼女たちに起こった事件解決に乗り出す!

photo

ハードボイルドなシーンやお色気シーンなど、イベントCGは豊富に用意されている

 ストーリーは以上の通り。プレーヤーは相楽恭一郎となり、パートナーの女性と大型豪華客船で起こった事件の謎を追っていくこととなる。前作との違いとしては、行動コマンドが設けられ、相手との会話を続けたり、他の場所へ移動したりと、展開にバリエーションがつけられるようになった点や、調査コマンドで、室内にあるものなどを詳しく調べる「サーチシステム」が搭載された点などが挙げられている。

photo

基本的にはオーソドックスなアドベンチャーゲーム。船内をくまなく探索し、出会った人物や部屋を調べながら謎に迫っていくこととなる

 また、本作の主題歌には、後に紹介するキャラクターのひとり上月真奈役を務める水樹奈々さんの新曲が採用されていることや、声優コメント入り設定原画集、事件編・解決編の2本を収録したドラマCDが同梱された限定版が発売されること、さらには予約特典として、事件編・解決編のシリアスドラマを2本収録したドラマCD(同梱版のものとは別)が用意されていることが、それぞれ明らかになっている。

photo

(写真左)限定版、(写真右)予約特典CD

次ページは、10人のキャラクターとCVを公開

      | 1 2 | 次のページ

[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping