ニュース
2005/12/09 18:55 更新


ノバック、ゲームの“ハイデフ”プレイに最適な液晶テレビ

ノバックは液晶テレビ「Cynos」シリーズの新製品として、ゲームユーザー向けの「CynosゲームプロTYPE-R」を発表。D入力のアンダースキャンに対応し、Xbox360などからHDで出力された映像を最大限に映し出すことが可能だ。

 ノバックは12月9日、液晶テレビ「Cynos」シリーズの新製品としてゲームユーザー向けの「CynosゲームプロTYPE-R」(DCM-20WTMHD2)を12月10日より出荷すると発表した。価格はオープンで、実売想定価格は7万9800円。

 新製品はXbox360など、HD出力が可能なゲーム機での利用に適したモデル。ベースとなっているのは、今年5月に発表された20インチワイド液晶パネルを搭載した「Cynosピュアエレガント20インチモデル」(DCM-20WTMHD)。基本的なスペックはそのままに、ゲームでの利用に便利な機能を追加した。

photo

「CynosゲームプロTYPE-R」(DCM-20WTMHD2)

 一般的なディスプレイはD端子から映像が入力された際に画像データの約95%を拡大表示する(オーバースキャン)するが、新製品の備える「ゲームモード」はほぼ100%の画像データをそのまま映し出す(アンダースキャン)。これによって、より制作者の意図に近い映像を映し出す。ゲームモード時は利用する映像入力端子によって表示率が変動し、D1/D2/D4は99%、D3は98%、コンポーネント/コンポジット/S端子は99%となっている。

 PC入力時にアスペクト比を保持する機能も搭載しており、VGA(640×480)とSVGA(800×600)では「上下フル、左右両端に黒味」「左右に拡大してのフル画面表示」の2通りが選択できる。SXGA(1280×1024)ではフル画面表示のほか、アスペクト比を維持したままのダウンスケール表示(960×768)も可能だ。

 液晶パネルの解像度は1366×768ピクセル。広視野角が特徴のIPS方式のパネルを使用しており、上下左右178度の視野角を確保している。コントラスト比は600:1で、輝度は550カンデラ。応答速度は16ミリ秒となっている。

 入力端子はD4/コンポーネント/コンポジット/S端子、D-Sub15ピンをそれぞれ1系統備える。チューナーは地上アナログのみ。サイズは494(幅)×410(高さ)×200(奥行き)ミリ、約7.5キロ。壁掛けにも対応する。

[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping